賃貸経営、管理、土地活用、不動産投資など賃賃ビジネスに役立つ最新ニュース

地価の上昇地区が高水準を維持

文字サイズ:

コラムで読む 画像の説明 賃貸トレンドニュース


地価の上昇地区が高水準を維持 

訪日観光客による消費・宿泊需要などの要因を背景に

 全国の地価動向が、国土交通省から発表された2016年第4四半期の主要都市の高度利用地地価動向報告「地価LOOKレポート」で読み取れます。

 主要都市・高度利用地100地区を対象に、2016年10月1日~2017年1月1日に調査したものです。それによりますと、三大都市圏に加え、地方都市である札幌、仙台、金沢、福岡でも比較的高い地価の上昇が継続して、上昇地区は前期比2%増の84%

 商業地の3地区で横ばいから上昇に転じた一方、名古屋圏、大阪圏の一部地区の商業地では、上昇幅が縮小しました。さらに、東京圏の一部地区では、上昇から横ばいへ、また横ばいから上昇へと各1地区が転じ、横ばい地区は前期比2%減の16%となっています。

 このように上昇地区が高水準を維持している要因として、レポートは「空室率の低下等によるオフィス市況の改善や、大都市等における再開発事業の進捗。そして、訪日観光客による消費・宿泊需要などの要因を背景に、オフィス、店舗、ホテル等に対する投資が引き続き堅調に推移したこと」としています。

画像の説明






a:299 t:2 y:3

powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional