賃貸経営、管理、土地活用、不動産投資など賃賃ビジネスに役立つ最新ニュース

希少性を生かす優位な賃貸経営ができる「戸建て賃貸住宅」

文字サイズ:

画像の説明 コラムで読む ≫ 画像の説明 賃貸トレンドニュース

希少性を生かす優位な賃貸経営ができる「戸建て賃貸住宅」


マーケティングに基づいて選択するのが原則

 入居者の長期居住に役立つ反面、メリット、デメリットがはっきりしている

 戸建ての賃貸住宅は、賃貸市場では数がまだ少なく、希少性もあって人気は高いのですが、本格的な広がりとはなっていません。家賃はやや高めが見込まれる一方、メリット、デメリットがはっきりしているためか、今一つ大きい伸びを見せないものの、「入居者に長期居住してもらう経営」を目指せば、選択肢の一つになります。

 一度入居してもらえればジックリ少しでも長く住んでほしい、と思うのは、多くの賃貸オーナーの願いです。長く居住してもらうとそれだけ収入が増え、経営が安定するのですから、そのためにも、入居者を長期確保するための賃貸住宅がキーワードとなります。

 住宅に対する近年の意識調査においても、賃貸住宅積極派が増えているのはよく知られている通りですが、内容についてはまだ不満を抱えています。収益を考慮しますと、そうそう経費をかけるわけにはいかず、現実的な妥協点があります。

 そこで、戸建て賃貸住宅を選択するというプランです。戸建てのメリット、デメリットを評価する前に、共同住宅の場合、1棟・2階建てで、12戸とか24戸の住戸が建てられ、1戸当たりの建設費は安く、建ててからの管理も容易と実に分かりやすい。同じ敷地であっても建つ戸数に歴然たる差が生じます。ここに戸建てと共同住宅の評価ポイントが集約されています。

 建設の基本は、地域の賃貸ニーズを正確に汲み取ること

 それでは戸建てのメリットですが、希少性から優位な賃貸経営ができる、狭小、変形な土地であっても建てられる、共有部の維持管理費が軽減、戸建住宅として売却も可能などが挙げられます。入居者にとってもゆとりの住空間、上下階、隣室の生活音を気にせず暮らせる、といった価値観が生まれ、人気を呼ぶことにもなります。 

 これからの賃貸経営安定のために、入居者に長期居住してもらうことを考えれば、戸建て賃貸住宅は狙い目かもしれません。ただ、「戸建て賃貸住宅」を選ぶのも基本は、地域の賃貸ニーズを正確に汲み取ること。マーケティングに基づく賃貸住宅を選択するのが原則です。

画像の説明






a:2398 t:1 y:0

powered by HAIK 7.2.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional