賃貸経営、管理、土地活用、不動産投資など賃賃ビジネスに役立つ最新ニュース

昵懇の仲介・管理不動産会社との付き合いを緊密にすることが、満室経営に近づく早道

文字サイズ:

押さえておきたい経営実務のエッセンス ≫ 画像の説明 賃貸住宅経営の実務


昵懇の仲介・管理不動産会社との付き合いを緊密にすることが、
満室経営に近づく早道

緊密な連携を通じて入居率の向上果たす物件をタイムリーに案内できる強み

 入居率を高めることは、これとこれをやれば難なく実現するというほど簡単ではありません。複合的な要因を解決しながら、さらなる工夫を実践して成果が得られます。

 満室はもとより入居率を高めるための一つに、昵懇の仲介・管理不動産会社との付き合いをより緊密にすることが、満室経営に近づく早道と考えます。

 どうして早道かといいますと、日々付き合っている不動産会社が、地域の賃貸市場と物件に最も精通しているからです。地元の賃貸市場を長年身近で見ているので、入居者ニーズの変化はもとより、入居者の募集に際しても賃料等の入居条件のPR・宣伝方法を十分に心得ています。地元に強く、物件をタイムリーに案内できることが大きな強みです。

 賃貸住宅の入居契約が決定するのは多くが不動産会社の店頭で、たいていの入居者は不動産会社の仲介で住居を決めます。それだけ仲介不動産会社、管理会社は大きな役割を果たしています。また満室経営を考える場合、「満室対策」は空室に備える「空室対策」につながり、そして、空室対策は「仲介対応」にかかっているともいえます。

 満室を実現するためには、なんといっても総合的な仲介対応が求められることから、前述の通り、入居率を高め、キープして満室を実現するために、まずはパートナーとなる仲介・管理会社との連携が、より重要になってくるのです。

画像の説明






a:470 t:1 y:0

powered by HAIK 7.2.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional