賃貸経営、管理、土地活用、不動産投資など賃賃ビジネスに役立つ最新ニュース

最大の課題は賃貸経営の眼目、「空室対策」にどう向き合っていくか

文字サイズ:


“最大の課題は賃貸経営の眼目、「空室対策」にどう向き合っていくか

2011年に起きた様々な出来事を糧に

 年が改まって、これからの賃貸経営を考えますと、最大の課題は賃貸経営の眼目である「空室対策」にどう向き合っていくか、です。

 市場の様子からこれからも、入居者募集の難しさが賃貸経営の鍵になることは間違いありません。所有するアパート・マンションに入居者のいない空室を抱えるほど、ムダで残念なことはありません。

 2011年に起きた様々な出来事を糧に、2012年こそ高入居率を達成する年でありたい、と願っております。

  社会情勢、経済事情、世相を色濃く映す
 最高裁、「敷引特約契約」と「更新料」の判決を言い渡す
 あらためて浮き彫りになった、賃貸経営における地震の備え
 賃貸永住派と世帯数が増える一方、新築参入の鈍さが際だった年
 最大の課題は賃貸経営の眼目、「空室対策」にどう向き合っていくか



画像の説明





a:1061 t:1 y:0

powered by HAIK 7.2.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional