賃貸経営、管理、土地活用、不動産投資など賃賃ビジネスに役立つ最新ニュース

消費税の増税を前に、活発な動きを見せる不動産市場 物件の「買い替え」増える

文字サイズ:


消費税の増税を前に、活発な動きを見せる不動産市場 物件の「買い替え」増える

市場の変化に対応して賃貸経営の立て直し急ぐ

 2014年4月の消費税の増税を前に、不動産市場は活発な動きを見せています。その一つとして、不振が長引く賃貸経営を一気に立て直すために、物件を「買い替える」事例が増えています。

 老朽化した物件の対応策として、現在の賃貸住宅を壊して建て替える方法もありますが、建設資金が工面できない、新たに借り入れのローンを組むには負担が大きい、と二の足を踏まれる場合、買い替えが最もスムーズに進みます。

 地域の環境は、10年あるいは20年を境に目に見えて変わります。道路が新しくつくられて車の流れが変わったり、新しい業態の店舗が建って、すっかり街の様子が変わることも珍しくありません。

 街の環境が変化すればば人の動き、住民の年齢構成も変わってきます。そんな中、賃貸住宅も数十年も経つと、建物は傷みが出て、大規模修理やリフォームが必要になってきます。

 借り入れをして新規物件を購入すると債務控除がつく

 市場の変化に対応して物件を買い替え、賃貸経営を継続するには、大きく二つの方法があります。
 一つは、現在所有している物件を売却して、その売却額の範囲内で新規の賃貸住宅を購入する、二つ目は売却額に、借入金を加えて購入するやり方と、物件を売却して得たお金を資金に、土地を購入してそこに最新の賃貸住宅を建てる方法です。

 前者は「買い替え」の物件で新規の賃貸住宅を、後者は「買い替え+建て替え」で賃貸住宅の新設となります。

 買い替えで、すでにローンの返済が終わっている場合、新たに借り入れをして新規物件を購入する、あるいは建て替えをすれば、債務控除がついて、相続対策になります。また、事業用資産の買い替え特例が活用できる場合もあります。

 毎月の不動産価格を指数化した「不動産価格指数(住宅)」の運用開始
 入居者の高い評価を得る,防犯に強い賃貸住宅
 将来を先取りした賃貸住宅の進化
 賃貸経営と「太陽光発電」システムの導入
 「満室経営」実現のキーワード
  賃貸住宅を決める条件の上位は常に家賃
 入居者が長く住みたくなる賃貸住宅



画像の説明





a:2015 t:5 y:1

powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional