賃貸経営、管理、土地活用、不動産投資など賃賃ビジネスに役立つ最新ニュース

無線LAN対応の「Wⅰ-Fⅰブロードバンド」

文字サイズ:

コラムで読む 画像の説明 賃貸トレンドニュース


無線LAN対応の「Wⅰ-Fⅰブロードバンド」

 多様な端末機器の急速な広がりで無線LAN対応の大きなメリット

 賃貸住宅で人気の高い設備・サービス、「インターネット無料」は常に入居条件の上位に挙げられます。リクルート住まいカンパニーから公表された「首都圏賃貸住宅市場における入居者ニーズと意識調査」でも、お金を払ってでも受けたいと思うサービスの1位に「プロバイダーサービス(光通信)」が選ばれています。今日、インターネット環境の整備は入居者サービスの必須アイテムと呼んでいいかもしれません。

 インターネットもこれまではパソコン操作がメインだったのですが、今ではスマートフォン、タブレット、あるいはゲーム機器などの端末機器の急速な広がりで、無線LAN対応の「Wⅰ-Fⅰ(ワイファイ)ブロードバンド」の人気が急上昇。

 一般的に、インターネットを利用する場合、ADSLか光ファイバーのケーブルを引き込んで端末装置にセットした後、LANケーブルを各戸に配線して、接続口からパソコンにつないで利用します。これに対し、LANケーブルを引き込む代わりに、親機を建物の外壁に取り付けて、無線LANで対応するというのがWⅰ-Fⅰ。

 無線LANでセールストーク   

 ケーブルがなくなるために、機密性や通信速度が不安といった懸念も以前は見られましたが、セキュリティやスピードの技術的な問題はクリアされていると聞きます。

 つまり、無線LANでパソコンのほか、スマートフォンやタブレットが引っ越した日から利用できます、というのがセールストークになるのです。

画像の説明






a:1342 t:1 y:0

powered by HAIK 7.2.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional