賃貸経営、管理、土地活用、不動産投資など賃賃ビジネスに役立つ最新ニュース

社会情勢、経済事情、世相を色濃く映す

文字サイズ:


社会情勢、経済事情、世相を色濃く映す

賃貸業界の長年の歩みの中で抱える出来事が起きる

 2011年、賃貸業界で目を引いた主な出来事を挙げてみました。今年特有の現象、あるいは、賃貸業界の長年の歩みの中で抱える出来事が起きているようです。社会情勢、経済事情、世相を色濃く映しているのが分かります。

 1.最高裁「賃貸住宅更新料有効」の初判断
 2.最高裁「敷引特約契約」有効の判決
 3.賃貸経営に存在感増す「消費者契約法」
 4.大震災を機に表面化した「賃貸ニーズ」の変化
 5.「賃貸経営と地震対策」がクローズアップ
 6.新築物件が品薄となって市場の流通が細る
 7.「賃貸住宅派」の増加傾向
 8.礼金・敷金(保証金)なし物件の増加傾向深まる
 9.入居一時金の条件交渉増加傾向
 10.「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」の再改訂版公表
 11.賃貸物件検索サイトの多様な広がりとソーシャルメディアの高機能化
 12.「賃貸住宅管理業者登録制度」スタート
 13.「国勢調査」開始以来初めて世帯数5,000万世帯超える
 14.「資産課税」の「相続税」改正1年ズレ込む
 15.日管協「家賃への消費税復活に反対する署名運動」100万人突破 

  社会情勢、経済事情、世相を色濃く映す
 最高裁、「敷引特約契約」と「更新料」の判決を言い渡す
 あらためて浮き彫りになった、賃貸経営における地震の備え
 賃貸永住派と世帯数が増える一方、新築参入の鈍さが際だった年
 最大の課題は賃貸経営の眼目、「空室対策」にどう向き合っていくか



画像の説明





a:2070 t:1 y:1

powered by HAIK 7.2.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional