賃貸経営、管理、土地活用、不動産投資など賃賃ビジネスに役立つ最新ニュース

賃貸住宅のスマートハウス化の流れ

文字サイズ:

コラムで読む 画像の説明 賃貸トレンドニュース


賃貸住宅のスマートハウス化の流れ

 急速に進む、情報機器と家電・住設機器のセットのシステム化

 まだ少し先のことになると思いますが、賃貸住宅もスマートハウス化の流れに乗って、「スマート賃貸マンション」が登場し、差別化を競うのではないでしょうか。

 スマートハウスとは、「家庭内のエネルギー機器、自動車、家電機器、住設機器を相互に連携させることで、より効率的なエネルギー利用と機器連携を通した新たな価値を提供することのできる住宅」(経済産業省)と、明確にエネルギー使用の効率化を打ち出しています。

 当初は省エネ、節電に注力した商品開発に重点が置かれましたが、単なるエネルギーの効率化からさらに広がりを見せ、入居者への緊急時における情報提供の取組みまで進んでいます。

 太陽光発電、蓄電池の運用システムからスタートしたスマートハウス化も、スマートフォンやタブレットなどの通信環境が急速に変化を遂げ、情報の見える化が実現したのも導入促進の背景となっています。

 多様な利用のスマート化は目前

 今のところ新築一戸建てで導入が急ピッチで進んでいますが、同時にマンションでも家電や住設と情報化機器の接続で、様々なサービスの広がりを見せるスマート化が急速に進んでいます

 太陽光発電システムの導入については、賃貸住宅においても売電体制が整った以降、アパートの屋根、マンション屋上を借りて太陽光パネルを設置する事例が各地で見られることから、次のステップに当たる総合的なエネルギー管理、最適化の段階を経て、より多様な利用を図るスマート化は目前となっています。

 すでに一部のハウスメーカーでは、情報機器と家電・住設機器をセットにしたシステムを商品化し、普及の動きが顕著となっています。

画像の説明






a:2579 t:1 y:0

powered by HAIK 7.2.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional