賃貸経営、管理、土地活用、不動産投資など賃賃ビジネスに役立つ最新ニュース

賃貸経営と「太陽光発電」システムの導入

文字サイズ:


賃貸経営と「太陽光発電」システムの導入

電気代削減と電力売却益にプラスしてイメージアップが図れる

 電力需給の逼迫とともに、屋根に太陽電池を取り付けて、発電する「太陽光発電」が脚光を浴びています。

 環境に配慮したエコ対策としていいようですが、費用もかかり、売り込みも激しく、いったいどこのメーカーのどの機種を選べば、賃貸経営に有効に生かすことができるのか、と頭を悩ませる賃貸オーナー様もおられると思います。

 そこで、太陽光発電のポイントを挙げてみます。

 アパート・マンションを新築する場合は、多くのハウスメーカーが「余剰電力を売電できる太陽光発電システム」を備えた賃貸住宅を販売しており、設置にもとくに問題はありません。

 効率よく最新のシステムが導入できて、入居者満足度が期待できそうです。賃貸住宅の場合、屋根が大きいため、大型のパネルが設けられることから、売電収入も大きいのが特徴。

 既築の賃貸住宅に設置する場合のポイントは、初期投資費用と運用後の余剰電力の売却益の差益がどれだけ期待できるかです。

 この費用対効果は新築にもいえることですが、後付けの場合、果たしてどれだけのメリットがあるのかということが、取り付けの判断材料になります。

 環境に配慮したエコ対応といっても、投資額に見合ったメリットを求める意識は、一般住宅のユーザーより強いものがあるはずです。

 ただ、持ち家や分譲マンションは、電気代削減と電力売却益に関心が集まりますが、賃貸住宅の場合は、やはり賃貸住宅としてのイメージアップが図れるところにメリットありそうです。

 入居者自身の自宅や共用スペースの電源にクリーン電力を使っているというアピール効果は小さくないと思います。

 毎月の不動産価格を指数化した「不動産価格指数(住宅)」の運用開始
 入居者の高い評価を得る,防犯に強い賃貸住宅
 将来を先取りした賃貸住宅の進化
 賃貸経営と「太陽光発電」システムの導入
 「満室経営」実現のキーワード
  賃貸住宅を決める条件の上位は常に家賃
 入居者が長く住みたくなる賃貸住宅



画像の説明





a:2262 t:1 y:1

powered by QHM 6.0.11 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional