賃貸経営、管理、土地活用、不動産投資など賃賃ビジネスに役立つ最新ニュース

賃貸経営最大の課題「メンテナンス」について

文字サイズ:


賃貸経営最大の課題「メンテナンス」について


安定経営には必要不可欠、避けて通れない建物のメンテナンスと部屋の模様替え

 賃貸経営は20年、30年と続きます。その経営の収支を脅かすのが、メンテナンスコストです。賃貸住宅は建物ですから長年の風雪にさらされることで傷んできます。時機を見てタイムリーに補修・修繕を施さないと建物の傷みが加速することになります。

 メンテナンスのもう一つは、退去にともなう部屋の模様替え、もしくはリフォーム。こちらは入居者の気を引く目的もあるので、なまじ出費を削ってセーブしていると時代遅れになって、空室を生む結果になりかねません。

 建物全体のメンテナンスと部屋の補修を適時適切に行い、物件を引き立てることは理想です。理想であると同時に、賃貸の安定経営には必要不可欠なことです。これを怠ると物件が目に見えて荒れ、入居者の足が遠のく結果になるおそれもあります。

 当然、メンテナンス、あるいはリフォームには経費が発生しますが、これは長い目で見て入居者を確保して賃貸経営を安定させるために避けて通れないことです。

 実行には専門家にぜひ相談を  

 年間の収支がある程度読めてきますと、メンテナンス、リフォームにどこまで経費をかけられるか見極められるはずです。この判断が賃貸経営最大の課題だと思われます。

 全く経費をかけないのも問題ですし、収支を無視して良いものを追求するのも冒険ですから、どのラインでバランスを取るか、です。その際のバロメーターになるのが次のポイントと思われます。

 ・ 地域周辺の他の物件との比較
 ・ 入居者ニーズの傾向を汲み取る
 ・ 全体収支のバランスに沿って行う
 ・ アイデアを生かして小予算に抑えるプランの検討
 ・ 必要最小限度しかやらない選択肢の可能性

 いかがでしょう。一度チェックしてみてください。その際、専門家とひざを交えて相談されることです。

画像の説明






a:2882 t:1 y:0

powered by QHM 6.0.11 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional