賃貸経営、管理、土地活用、不動産投資など賃賃ビジネスに役立つ最新ニュース

二ュース新着情報

文字サイズ:

今週のニュース新着情報

2021年7月26日~30日のバックナンバー

2021年7月のバックナンバー.

このページのトップへ戻る ▲


2021/7/27  旭化成ホームズ、シニア向け賃貸住宅「へーベルVillage」の運営戸数が1,200戸を超える

旭化成ホームズ(株)(東京都千代田区)は7月26日、運営する元気なシニア向け賃貸住宅「へーベルVillage(ヴィレッジ)」の運営戸数が6月末で1,200戸を超えた、と発表しました。

また、これまでの入居者向けアンケート結果などを受け、今後、ヘーベルVillageでは健康寿命の延伸に向けたサービス創出などを目指し、東京都健康長寿医療センター研究所と連携していくことを明らかにしました。

「へーベルVillage」は、各住戸の広さが45~75平方メートルの1LDK~2LDKで、住設備を完備した「住まい」。主な入居ターゲットは健常期~フレイル期の高齢者で、夫婦での入居も可能。

駅から近く、日常の買い物ができるスーパーや、散歩に良い公園が近くにあるなど、出かけたくなる立地。また来客用駐車場や、入居者同士、来訪者とのコミュニケーションを促すコミュニティラウンジなど、元気なシニアの活動や交流を促す住環境を備えています。

さらに、社会福祉士等の相談員による定期訪問サービス(生活・健康相談、情報提供など)、駆けつけサービス(緊急通報ボタン、ライフリズムセンサー)、医療機関との連携など、元気でありつつ不安を抱える入居者のフォロー体制も整えています。


このページのトップへ戻る ▲

2021/7/27  ドリームハウス、デザイナーズアパートメントシリーズ「Avant」と「すっぴん」が幸手市に完成

不動産業と建築業を営むドリームハウス(株)(埼玉県幸手市)は7月26日、K's Gallery設計監修のもと、環境構築型designer's apartment series(デザイナーズアパートメントシリーズ)「Avant」と「すっぴん」が今年9月、幸手市に完成する予定、と発表しました。

designer's apartment series(デザイナーズアパートメントシリーズ)は、日本におけるデザイナーズ賃貸戸建住宅の先駆者・木本功次郎によるK's Galleryの作品で、今回初の関東での展開となり、多くの注目を集めています。

未利用地や古い賃貸物件を活用し、人・自然・空間・建築など環境にも考慮しながら構築。賃貸住宅とは思えない洗練されたデザイン性を持ち、「暮らしそのものを楽しみたい」と考える入居者のニーズを満たすデザイナーズアパートメント、と強調しています。

画像の説明
ドリームハウス×K's Gallery特設サイト


このページのトップへ戻る ▲

2021/7/27  ウチコミ、「ウチコミ!+(プラス)」を8月1日より開始

(株)ウチコミ(東京都新宿区)は7月26日、同社が運営する「ウチコミ!」が不動産投資や賃貸経営を中心に、世界経済から金融、マーケティングなど賃貸住宅オーナーや不動産投資を始めたい人が今ほしい情報を、動画やウェビナーを通じてオンデマンド(一部ライブもあり)で配信する「ウチコミ!+(プラス)」を8月1日より開始する、と発表しました。

ウチコミ!+(プラス)は、月額定額で賃貸住宅オーナーや不動産投資を始めたい人に役立つ動画やウェビナーが視聴できるサービス。

オープン時にはオーナーにとっての時代を生き抜くヒントになる30本以上の動画をラインナップし、その後も月に20本以上の今しか見ることのできない動画を順次アップする、としています。


このページのトップへ戻る ▲

2021/7/27  イタンジ、コスモスイニシアの全営業所に「2秒でブッカク!」の提供を開始

イタンジ(株)(東京都港区)は7月26日、(株)コスモスイニシア(東京都港区)の全営業所に対し、不動産売買における業者間の確認業務をオンライン化する「2秒でブッカク!」の提供を開始した、と発表しました。

「2秒でブッカク!」は、売買物件の物件確認、広告掲載許諾、内覧調整等における不動産業者間のやりとりをオンライン上で完結させることが可能なSaaS型のシステム。

現在、不動産売買において、物件の空き確認や、広告掲載の確認作業は電話やFAXで行われているが、「2秒でブッカク!」は、これらの作業をオンライン化し、一次対応の受電を減らすことで最大95%の業務を削減。オンライン上で業務が完結することにより、電話やFAXに縛られず、テレワークや外出先での対応が可能になる、としています。


このページのトップへ戻る ▲

2021/7/27  フェイスネットワーク、ジェイリースと家賃債務保証に関する「保証業務協定」を締結

東京の城南3区エリア(世田谷区・目黒区・渋谷区)を中心に、主に新築一棟RCマンションによる不動産投資支援事業を展開する(株)フェイスネットワーク(東京都渋谷区)はこのほど、ジェイリース(株)(大分県大分市)と家賃債務保証に関する「保証業務協定」を締結した、と発表しました。

今回の契約により導入するサービスは、物件を管理する同社及び同社開発物件の入居者に対して、家賃債務保証サービスの他、駆け付けサービスや死亡補償、見守りサービスなど、幅広いサービスを利用することが可能となり、少額短期保険との連動性や、システム面で効率性も高く、管理会社にとっては業務効率化を図ることができる、としています。


このページのトップへ戻る ▲

2021/7/28  エステートテクノロジーズ、「住宅賃料および購入可能物件の提案ツール Dr.Asset レントチェッカー」の提供開始

不動産テックサービスの開発運営を行うエステートテクノロジーズ(株)(東京都渋谷区)は7月28日、MER3.36という業界最高水準の正確性を誇る不動産見積もりエンジンを用いた「住宅賃料および購入可能物件の提案ツール Dr.Asset レントチェッカー」の不動産事業者向けの提供を同日より開始する、と発表しました。

同エンジン機能を用いた一連のサービスは、2021年6月より不動産事業者や金融機関向けにOEM(個別企業に合わせたサービスの開発・受託生産)形式で提供を開始しており、今回もその一貫。

今回は、適正賃料の分析~同月額で購入可能な物件提案まで行えるツールのOEM提供で、自社でAI査定機能の開発を検討中の企業や賃貸から賃貸、あるいは賃貸から購入へ切り替え検討中の顧客を持つ不動産仲介業者に対して、個別のデザインや仕様で受託生産を行い提供。


このページのトップへ戻る ▲

2021/7/28  Kant、インターネット上の「バーチャル店舗」を一般開放

不動産賃貸・売買のオンライン仲介サービスを運営する(株)Kant(カント、東京都板橋区)は7月28日、オンライン会議ツールのRemoを活用したインターネット上の「バーチャル店舗」を毎週水曜日14時から16時まで一般開放し、予約なしで部屋探しの相談を受け付ける、と発表しました。

事前予約は不要で、部屋探しを検討中の人は誰でも参加可能。この店舗では、オンライン相談会などの各種イベントも不定期に実施していく予定。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、オンラインでの部屋探しやオンライン内見などの希望は増加しているが、そうした中でも部屋探しの嬉しさや喜びを感じてほしいと考え、このバーチャル店舗の開設を決定した、としています。


このページのトップへ戻る ▲

2021/7/28  いえらぶGROUP、「らくらく物件紹介」機能の利用店舗数が2,000店舗を突破

不動産テックに特化した業界垂直統合SaaS「いえらぶCLOUD」を提供する(株)いえらぶGROUP(東京都新宿区)は7月27日、「らくらく物件紹介」機能の利用店舗数が2,000店舗を突破した、と発表しました。

「らくらく物件紹介」機能は、物件チラシの代わりとなる物件紹介ページをワンクリックで生成し、URLを送付できる機能で、Web入居申込み・IT重説・電子契約など非対面接客サービス提供を通して、不動産業務のフルオンライン化をサポート。


このページのトップへ戻る ▲

2021/7/28  アットホーム、首都圏における「中古マンション」の価格動向(2021年6月)を発表

不動産情報サービスのアットホーム(株)(東京都大田区)は7月27日、首都圏における「中古マンション」の価格動向(2021年6月)を発表しました。

それによりますと、首都圏の中古マンション1戸当たり平均価格は、3,297万円で前月比プラス0.7%。東京都下、横浜市・川崎市が前年同月比下落、それ以外の6エリアは上昇した。

最も上昇率が高いのは、さいたま市の8.5%で差額も200万円を超えている。平均価格指数の推移を見ると、千葉県西部は2021年1月を底に回復し、2020年9月以来9ヵ月ぶりに過去最高値を更新した。

また、神奈川県他、千葉県他は2020年秋頃からの上昇傾向が継続しており、ともに3ヵ月連続で過去最高値を更新している。


このページのトップへ戻る ▲

──────────────────────────────────────────────────────────────────





画像の説明

powered by HAIK 7.2.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional