賃貸経営、管理、土地活用、不動産投資など賃賃ビジネスに役立つ最新ニュース

二ュース新着情報

文字サイズ:

今週のニュース新着情報

2022年9月26日~30日のバックナンバー

2022年9月のバックナンバー.

このページのトップへ戻る ▲


2022/9/26  国土交通省、2022年9月1~5日現在の「主要建設資材需給・価格動向調査結果」を発表

国土交通省は9月26日、2022年9月1~5日現在の「主要建設資材需給・価格動向調査 結果」を発表しました。

それによりますと、生コン、鋼材、木材など7資材13品目の価格動向はセメント、生コン、アスファルト合材(新材・再生材)、H形鋼、木材(型枠用合板)が「やや上昇」、それ以外の資材は「横ばい」、需給動向は調査対象資材において「均衡」、在庫状況は調査対象資材において「普通」でした。


このページのトップへ戻る ▲

2022/9/26  越野建設、楽器対応賃貸ブランド「音楽マンション」シリーズを新たに6物件完成

“自宅で楽器演奏を満喫できる賃貸住宅”をコンセプトとして楽器演奏愛好家に向け展開する越野建設(株)(東京都北区)は9月26日、楽器対応賃貸ブランド「音楽マンション」シリーズを、2022年11月から2023年3月にかけて新たに6物件完成する、と発表しました。入居募集はグループ会社の「音楽マンション不動産」にて10月上旬より順次開始予定。

新規物件6棟の内訳は、「ヴェージュ ファボーレ」(東京都北区)鉄筋コンクリート造7階建て・29戸、「ダブルフラット新江古田」(東京都中野区)鉄筋コンクリート造2階建て・7戸、「カンタンテ十条」(東京都北区)鉄筋コンクリート造4階建て・14戸、「レガート柏」(千葉県柏市)鉄筋コンクリート造7階建て・18戸、「ファランドール中野」(東京都中野区)鉄筋コンクリート造4階建て・21戸、「ヴァージナル阿佐谷」(東京都杉並区)鉄筋コンクリート造4階建て・33戸。

専用設備と建築的な工夫により、演奏空間として最適な遮音性能と音響性能を備えた賃貸が、同社の独自ブランド「音楽マンション」シリーズ。リーズナブルな賃料と快適な住み心地も入居者である楽器演奏愛好家の支持を集めています。

また、事業性の高さが土地活用検討者にも評価され、現在東京を中心に、埼玉・神奈川・千葉と建築エリアを拡大中。昨年度完成した6物件も完成前に申し込み満室となった物件が出るなど高い人気を獲得。


このページのトップへ戻る ▲

2022/9/26  アットホーム、首都圏における「中古マンション」の価格動向(2022年8月)を発表

不動産情報サービスのアットホーム(株)(東京都大田区)は9月26日、首都圏における「中古マンション」の価格動向(2022年8月)を発表しました。

▼ 主なポイント

・首都圏の中古マンション1戸当たり平均価格は3,826万円で、前月比プラス1.1%と上昇。
・14ヵ月連続して全8エリアが前年同月を上回り、上昇傾向が継続。
・東京都(23区/都下)、神奈川県(横浜市・川崎市/他)、埼玉県他、千葉県西部の6エリアで2017年1月以降最高額を更新。埼玉県他の最高額更新は14ヵ月連続。


このページのトップへ戻る ▲

2022/9/27  大和ハウス工業、ZEH-M対応賃貸住宅「TORISIA」発売

大和ハウス工業(株)(大阪市北区)は9月26日、ZEH-Mに対応した鉄骨造2階建て・3階建て賃貸住宅「TORISIA(トリシア)」を10月1日より、北海道、沖縄、一部エリアを除く全国で発売する、と発表しました。販売目標は年間1,500棟。

TORISIAは鉄骨造2階建て・3階建てで、同社オリジナルの「外張り断熱通気外壁」をはじめ、天井・床・窓も高性能の断熱材を標準で採用。建物全体を高断熱化するとともに、高効率給湯器・エアコン、LED照明などの省エネルギー設備を導入することで、一次エネルギー消費量を削減し、ZEH-M Orientedの実現を図っています。

また、太陽光発電システムを搭載し、環境負荷の少ないエネルギーを使用することで、さらに日々の光熱費とCO2の排出量を削減。

ZEH-Mはネット・ゼロ・エネルギー・ハウス・マンションの略称。外皮の高断熱化、高効率な省エネルギー設備を備え、再生可能エネルギー等により、年間の一次エネルギー消費量の収支をゼロとすることを目指した集合住宅。


このページのトップへ戻る ▲

2022/9/27  ヤマダホールディングス、不動産取引プラットフォーム「カナリー」を運営するBluAgeと資本業務提携

(株)ヤマダホールディングス(群馬県高崎市)は9月26日、不動産取引プラットフォーム「カナリー(Canary)」を運営する(株)BluAge(東京都千代田区)との資本業務提携について発表しました。

同提携における狙いは、デジタル人材の活用、運用に強みをもつBluAge内に有能なDXチームを確保して実質的な内製化を行い、グループ横断的にDXのプロジェクトを進め、EC売上、一店舗当たり売上、顧客当たり売上等の拡大と業務効率化による収益率向上の早期実現を目指す、としています。

家電・家具を購入したくなるタイミングは、「引っ越しをするとき」が51.7%で最も多いことから、今後さらに拡大していくスマホネイティブ世代に対して、最適な購入経路を提供し、カナリーのユーザー、今後のマーケットの主要ターゲットとなる若年層をヤマダ経済圏に取り込む考え。


このページのトップへ戻る ▲

2022/9/27  メイクスビュー、物件を貸したいユーザーと管理会社を結ぶマッチングサービス「カソット」リリース

(株)メイクスビュー(大阪市北区)は9月26日、所有物件を貸したいユーザーと管理会社を結ぶマッチングサービス「カソット」を運営する、と発表しました。

同サービスは、提携している管理会社の特徴と強みを紹介したページが掲載されており、ユーザーはそれぞれの管理会社の特徴を確認することで、現状の賃貸経営で抱えている悩みを解決してくれるベストな管理会社を探すことができます。

管理会社には「マンションの入居者募集に強みがある」や「家賃の保証制度がある」「入居者向けのコールセンターを設置している」などの特色を備えていおり、管理会社の情報を元にユーザー自身が管理会社を指定して、問い合わせることも可能。


このページのトップへ戻る ▲

2022/9/27  アットホーム、「アットホーム人気の駅ランキング 広島市編」を発表

不動産情報サービスのアットホーム(株)(東京都大田区)は9月26日、「不動産情報サイト アットホーム」で賃貸居住用物件において、アクセス数が多い人気の駅をまとめた「アットホーム人気の駅ランキング 広島市編」を発表しました。

それによりますと、広島市でアクセス数が多い人気の駅総合1位は「広島」駅で、2位に「横川」駅、3位に「鷹野橋」駅がランクイン。

ワンルーム~1DKのシングル向き物件では、「広島」駅が1位で、2位に「横川」駅、3位には「鷹野橋」駅が続きました。

2LDK以上のファミリー向き物件では、「広島」駅がトップ。2位は「五日市」駅、3位は「中筋」駅がランクイン。


このページのトップへ戻る ▲

──────────────────────────────────────────────────────────────────





画像の説明

powered by HAIK 7.2.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional