賃貸経営、管理、土地活用、不動産投資など賃賃ビジネスに役立つ最新ニュース

二ュース新着情報

文字サイズ:

今週のニュース新着情報

2021年12月6日~10日のバックナンバー

2021年11月のバックナンバー.

このページのトップへ戻る ▲


2021/12/6  近鉄不動産、オンラインで相談できる無人店舗、住まいの情報ステーション『SMART SPOT』を開設

近鉄不動産(株)(大阪市天王寺区)は12月6日、近鉄「大阪難波」駅直上の「近鉄難波ビル1階」と「近鉄東生駒駅1階」において、新築分譲マンション、不動産仲介情報、リフォーム情報、新築戸建・土地情報等の住まいに関してオンラインで相談できる無人店舗、住まいの情報ステーション『SMART SPOT』を12月10日に開設する、と発表しました。

これまで、住まいのワンストップサービス「住まいと暮らしのぷらっとHOME」を近鉄沿線27店舗で営業していたが、無人店舗を開設するのは初。

店舗内では、その場で各部門の専門スタッフとオンラインで相談できるシステムを導入し、「即座」に「非対面」で住まいに関する相談ができます。

また、デジタルサイネージで同社事業の様々な情報を得ることができるほか、備え付けのタブレットで、同社が保有する不動産情報の検索や、顧客が所有する不動産の推定物件価格を算出するAI不動産査定、VRモデルルームの内覧なども可能。

同社では、非対面非接触のサービスを拡充し、住まいの情報ステーション『SMART SPOT』の多拠点展開を図りたい、としています。


このページのトップへ戻る ▲

2021/12/6  Casa、新規入国者向けのサービスアパートメントに対する家賃保証と家賃のクレジットカード決済を開始

(株)Casa(東京都新宿区)は12月6日、リコーリース(株)のグループ会社、エンプラス(株)(東京都中央区)と提携し、新規入国者向けのサービスアパートメントに対する家賃保証と家賃のクレジットカード決済を開始した、と発表しました。

サービスアパートメントの利用を希望する新規入国者にとって、契約期間が短期間であることや家賃の引落口座を開設していない場合があり、家賃保証の契約に高いハードルがありました。業界のDX化の進展により、入国前から容易に物件探しが可能となったため、入国後すぐに契約を希望する人も増えています。

今回、エンプラスとの提携により、外国籍新規入国者向けのサービスアパートメント商品では、家賃保証とクレジットカードによる家賃決済を実現。利用者は家賃保証による信用力の担保と決済や契約を円滑に行うことが可能になります。

同社は現在、新型コロナウイルスの影響で制限されている入国要件が緩和され、人的往来が増加していくことを通じて、外国籍の顧客の需要が高まることを見込んでいる、としています。


このページのトップへ戻る ▲

2021/12/6  ハウスコム、マンション口コミサイト『マンションノート』へ物件掲載連動を開始

ハウスコム(株)(東京都港区)は12月6日、(株)レンガ(東京都港区)が運営するマンション口コミサイト『マンションノート』へ、物件掲載連動を同日に開始した、と発表しました。

マンションノートは、日本全国にある集合住宅の「口コミ」と「ランキング」を見ることができるWEBサービス。住人をはじめとして、元住人、周辺住人、専門家、不動産会社、物件オーナーが自分の立場を表明し、マンションに対する生の意見・評価を投稿して、共有します。

2013年にサービスを開始し、現在は月間ユニークユーザー100万人、口コミ投稿数100万件を超え、日本最大級の集合住宅に関する口コミ・評価サイトに成長しています。

通常、マンションノートへの物件掲載は、SUUMOやLIFULL HOME'S、athomeといった不動産ポータルサイトと連携して行われているが、今回、ハウスコムが直接掲載を行うことにより、他社や他ポータルサイトとの差別化を図ることができ、マンションノートを通して住まい選びを検討するユーザーからの、より質の高い反響獲得にもつながると想定される、としています。


このページのトップへ戻る ▲

2021/12/6  アットホーム、「アットホーム人気の駅ランキング 神奈川県編」を発表

不動産情報サービスのアットホーム(株)(東京都大田区)は12月6日、「不動産情報サイト アットホーム」で賃貸居住用物件において、PV数が多い人気の駅をまとめた「アットホーム人気の駅ランキング 神奈川県編」を発表しました。

それによりますと、PV数が多かった人気の駅は「川崎」駅。2位に「本厚木」駅、3位に「元住吉」駅がランクイン。

ワンルーム~1DKのシングル向き物件では、「川崎」駅が1位で、2位は「日吉」駅、3位には「元住吉」駅が続きました。

1LDK~2DKのカップル向き物件では、「川崎」駅が1位で、2位は「本厚木」駅、3位は「元住吉」駅が続きました。

2LDK以上のファミリー向き物件では、「本厚木」駅がトップで、2位は「平塚」駅、3位は「辻堂」駅がランクインしました。


このページのトップへ戻る ▲

2021/12/7  東京都、10月の貸家新設は2ヵ月連続の増加

東京都は12月6日、10月の新設住宅着工を次の通り発表しました。

東京都内における10月の新設住宅着工戸数は1万2,545戸。前年同月比では持家と貸家が増加、分譲住宅が減少し、全体で22.1%増と3ヵ月ぶりの増加となった。

貸家は前年同月比43.1%増の7,193戸で2ヵ月連続の増加。分譲住宅は同3.9%減の3,620戸で3ヵ月連続の減少。持ち家は同17.2%増の1,569戸で11ヵ月連続の増加。


このページのトップへ戻る ▲

2021/12/7  日商保、福岡エリアでの「敷金返還くん」サービス提供開始

オフィス・店舗等商業用不動産の賃貸時に預ける「敷金」を事業資金に変換し、ベンチャー・スタートアップ企業等をサポートする(株)日商保(東京都港区)は12月6日、すでに預け入れている敷金の返還を通して、事業資金を確保できるサービス「敷金返還くん」を福岡エリアにて提供開始する、と発表しました。

「敷金返還くん」は現在預託している敷金のうち、半額~最大全額を同社保証に置き換えることで、置き換えた分の敷金が現金としてビルオーナーから入居テナント企業に返還。

サービスの利用には同社所定の審査とビルオーナーの承諾が必要で、同社が審査のうえ保証を提供することにより、ビルオーナーが敷金を返還できる仕組み。

企業の新たな資金調達方法として、これまで活用されてこなかった賃貸オフィス・店舗の敷金を同社の保証で流動化できることで、事業成長を目指す企業の一助となるよう、サービスを提供する、としています。


このページのトップへ戻る ▲

──────────────────────────────────────────────────────────────────





画像の説明

powered by HAIK 7.2.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional