賃貸経営、管理、土地活用、不動産投資など賃賃ビジネスに役立つ最新ニュース

入居者の「長期居住化」で経営の安定図る

文字サイズ:


入居者の「長期居住化」で経営の安定図る


「優良入居者の選別と確保」が必要

 顧客満足度の向上図る

 安定した賃貸経営を続けていく上で、何も問題を起こさずに、長く入居する入居者ほどありがたいものはありません。少しでも長く入居してもらえればそれだけ収入が安定するのですから、入居者の「長期居住化」は、経営の安定化のためにもぜひ実現したいものです。

 賃貸経営の神髄は、優良入居者の取り込み、すなわち「長期居住化」にある、と言っても過言ではないと思います。

 長期居住を促進するためのポイントは2点です。まず1つは、「優良入居者の選別と確保」。その2は、一度入居してもらった入居者にはできるだけ長く住んでもらう「工夫と配慮が必要」ということです。

 多くの入居者は現在の住居に関して何らかの不満を抱えています。住環境、設備、入居者間のトラブル等々。そしてこんな風に思います。ここぐらいの家賃を出すのだったら、他にもっといいのがあるのでは・・、と。気もそぞろになって、最悪、退去となりかねません。

 調査データによりますと、現在住んでいる賃貸住宅の満足度は、約半数の入居者が70~90点台といいますが、残り半数の入居者は70点以下ですから、不満を抱える層がかなりの規模であることは汲み取れます。

 ではどうすればいいかといえば入居者が生活するにおいて不便となる点を排除して、快適に暮らせる環境を提供する、ということに尽きるのではないでしょうか。 

 入居者に対する顧客満足度の向上は、これからの賃貸経営の“永遠”の課題といっていいかもしれません。

 優良入居者とは、他の入居者の皆様と和を保ち、何ら問題を起こすことなく、毎月家賃を滞りなく払う入居者です。第1のポイントであります問題を起こさない方に入居してもらうには、やはり最初の案内から入居審査に至る段にきっちり人柄や書面等を確認して、契約することがやはり最善の策と考えます。

画像の説明






a:1566 t:3 y:0

powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional