賃貸経営、管理、土地活用、不動産投資など賃賃ビジネスに役立つ最新ニュース

賃貸「入居者事情」

文字サイズ:


賃貸「入居者事情」

賃貸「入居者事情」.jpg

賃貸経営における困った事例(事件性)として、暴力沙汰、夜逃げ、
自殺、殺人、一家離散、薬物中毒事件等々が挙げられます。

大家さんは雨露をしのぐ住居を提供して家賃を得るビジネスだけに、
他人の人生にも付き合うところが、少なからずある仕事(業態)でもあります。 

落語の四方山(よもやま)話に出てくる「店子」の付き合いが、
大なり小なりついて回るのが大家さん業です。

そこで立場を変えて、入居者の目線で見た、
賃貸「入居者事情」を取り上げてみました。

 「一本釣りされた入居者」
  不動産会社の店頭で、入居者を探す初老の大家さん
 
 「解約金が返ってこない」
  解約手続きの不備が影響

 「無類の“ペット好き入居者”」
  何事も過ぎた人には、早めの対応が一番

 「痴話喧嘩大騒動」
  悪い芽は、早めにパチッと手を打つのが最善

 「賃借人であると同時に、大家さん」
  貸すマンションより安い家賃のアパートに入れば、その差額が儲けに

 「タダより高いものはない」
  貸主対応に、賃貸ビジネスの「原形」を見る思い

画像の説明

a:12411 t:1 y:0

powered by QHM 6.0.11 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional