賃貸経営、管理、土地活用、不動産投資など賃賃ビジネスに役立つ最新ニュース

二ュース新着情報

文字サイズ:

今週のニュース新着情報

2019年12月2日~6日のバックナンバー

2019年11月のバックナンバー.

このページのトップへ戻る ▲


2019/12/2  リビン・テクノロジーズ、クラッソーネと家屋の解体支援を目的に業務提携

不動産関連の比較査定サイト「リビンマッチ」を運営するリビン・テクノロジーズ(株)(東京都中央区)は12月2日、解体工事会社と施主をマッチングする一括見積もりサービス「くらそうね解体」を運営する(株)クラッソーネ(名古屋市中村区)と空き家や古屋付き土地の売却を検討する所有者に対して、家屋の解体支援を目的とする業務提携を同日より開始した、と発表しました。

不動産売却を希望する売主が「リビンマッチ 不動産売却」の申込フォームに入力する際に、同時に解体工事の査定を依頼することができるため、ユーザーの利便性が向上する、としています。

「くらそうね解体」は、全国約1,200社の解体工事会社を直接紹介することが可能で、複数社から見積もりを出し、価格や利用者の評価などを見ながら施主が解体工事会社を選ぶことができるサービス。


このページのトップへ戻る ▲

2019/12/2  LIFULL、「引越しワンストップサービス」の実証実験を開始

不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」等の住生活情報サービスを提供する(株)LIFULL(ライフル、東京都千代田区)は12月2日、同社が協力主体(ポータル事業者)として選定されている内閣官房情報通信技術(IT)総合戦略室が推進する「引越しワンストップサービス」の実証実験を同日より開始した、と発表しました。

政府は引越しに伴う各種手続について、デジタル技術を活用して効率化を図り、引越しをする人の手続き負担の軽減や手続き漏れの防止等を実現するため「引越しワンストップサービス」を推進。

同社は引越しに伴う手続きの負担を軽減するため、電気・ガス・水道等を一括で手続きできる「LIFULL HOME'S引越し手続き」サービスを構築し、2019年10月より提供を開始しています。


このページのトップへ戻る ▲

2019/12/2  セレ コーポレーション、耐震等級3を標準搭載する「My Style vintage +」を発売

土地活用のコンサルティングから設計・施工・賃貸管理まで、アパート経営の全てを手がけるアパート経営の専門店(株)セレ コーポレーション(東京都中央区)は12月2日、耐震等級3を標準搭載する新商品「My Style vintage +」を発売する、と発表しました。

発売に伴い、11月22日から2020年2月29日の間、住宅性能評価書の取得費用や構造強化費用を同社が負担するモニターキャンペーンを実施。

「My Style vintage +」は耐震等級3を標準搭載した商品で、地震の揺れを受ける・流す・支える「ハイテンション キューブシステム」により構成されているのが特長。耐震等級3を取得することで地震保険の費用が最大50%軽減され、入居者に安心の住まいを提供することが可能、としています。


このページのトップへ戻る ▲

2019/12/2  ランディックス、「一定期間における価格推移データ」や「エリア別の比較データ」の新機能提供

ITによる不動産情報の透明化、一層のサービス価値向上を掲げる(株)ランディックス(東京都世田谷区)はこのほど、不動産売却・購入を検討している人向けの無料サービス「sumuzu 相場ウォッチャー」において、価値ある情報をより分かりやすく提供するために、「一定期間における価格推移データ」や「エリア別の比較データ」が取得できる新機能の提供を開始した、と発表しました。

「相場ウォッチャー」は、現在市場に流通している物件データをBIツールを用いて独自に集計し、利用者の希望するエリアについて土地の相場データを無料で提供するサービス。相場価格のみを提供するのではなく、生の物件情報をマップや散布図で可視化することにより、坪単価や物件価格の傾向が一目で確認できるため、物件価格の妥当性の検討において貢献する、としています。


このページのトップへ戻る ▲

2019/12/2  BitStar、住居と育成プログラムを提供するインフルエンサーハウスを開始

インフルエンサーマーケティングのトータルソリューションを提供する(株)BitStar (東京都渋谷区)はこのほど、「OYO LIFE」を運営するOYO TECHNOLOGY&HOSPITALITY JAPAN(株)(東京都千代田区)と共同で、入居物件とインフルエンサー育成プログラムを提供するインフルエンサーハウスを開始し、入居者を募集する、と発表しました。

「賃貸は初期費用がかかるし手続きが大変」という常識を変え、敷金・礼金・仲介手数料などの初期費用不要、水道光熱費・Wi-Fi費込み、全てのサービスがスマホで完結の賃貸住宅型サービスである 「OYO LIFE」と提携することによって、従来より物件に関して入居審査や初期費用に課題を抱えていた個人で活動するYouTuberの課題解決のために住居を提供し、かつYouTuberになるためのノウハウを学ぶことができるインフルエンサーハウスを提供する、としています。


このページのトップへ戻る ▲

2019/12/2  プログリット、「OYO PASSPORT」サービスへ加入

英語コーチングプログラム「プログリット(PROGRIT)」を展開している(株)プログリット(東京都千代田区)はこのほど、スマホ一つで入居手続きが完了する賃貸住宅型サービス「OYO LIFE(オヨ ライフ)」が提供する「OYO PASSPORT(オヨパスポート)」サービスへ加入した、と発表しました。
       
暮らしを便利にするシェアリングや、サブスクリプションサービスを11月15日よりお得に利用できる「OYO PASSPORT」にて、OYO LIFE入居者はプログリットを受講料から2万円引きで利用可能。


このページのトップへ戻る ▲

2019/12/2  ゴールドリッジ、「OYO PASSPORT」サービスへ加入

高級腕時計のシェアリングサービスを運営する(株)ゴールドリッジ(東京都港区)は12月2日、スマホ一つで入居手続きが完了する賃貸住宅型サービス「OYO LIFE(オヨ ライフ)」が提供する「OYO PASSPORT(オヨパスポート)」サービスへ加入した、と発表しました。

暮らしにまつわるシェアリングやサブスクリプションサービスを、お得に利用できる「OYO PASSPORT」に腕時計のオーナーとユーザーをマッチングするシェアリング・プラットフォームのMatchWatch(マッチウォッチ)が加入。一般の顧客と「OYO LIFE」入居者にサービス特典を提供。


このページのトップへ戻る ▲

2019/12/3  ツナガルデザイン、「防音マンションで、エンターテイメントを楽しもう!」プロジェクト開始

ツナガルデザイン(株)(東京都目黒区)は12月3日、自社ブランド『サウンドプルーフ』の防音賃貸マンションで実現できる、自宅でのエンターテイメントの楽しみ方を提案する「防音マンションで、エンターテイメントを楽しもう!」プロジェクトを始動し、第1弾を同日に開始する、と発表しました。

ドラムを使ったバンド演奏が自宅でも可能な、特許取得の防音性能を持つサウンドプルーフの防音賃貸マンションと、ミュージシャン、YouTuber、ゲーマー、クリエイターなど『音を楽しむ』様々なアーティストや企業とをコラボレーションさせることで、防音マンションの新たな活用シーンや魅力を紹介。自宅で音を楽しむ新たなライフスタイルの提案を定期的に発信するため、今回のプロジェクトを実施することになったもの。


このページのトップへ戻る ▲

2019/12/3  クロスハウス、人材派遣会社との社宅契約数が400室を突破

次世代の社宅「シェアド アパートメント」を提供している(株)クロスハウス(東京都渋谷区)は11月29日、人材派遣会社との社宅契約数が400室を突破した、と発表しました。

人材派遣会社が求める社宅のニーズと合致したことにより、認知度が広がって、「人材採用に力を入れるため」や「社宅のコストと手間を低減させるため」などが高い評価を受けたもの。

「シェアド アパートメント」は、初期費用3万円だけで契約することが可能で、毎月の家賃も3万円台~。ランニングコストも抑えることができ、電気、ガス、水道、インターネットも完備しているため、自分で契約する必要なし。室内には、冷蔵庫、TV、ベッド、机も設置しているので、入居したその日から生活が可能、としています。


このページのトップへ戻る ▲

2019/12/3  アットホーム、来年2月29日まで「新生活応援キャンペーン」を実施

不動産情報サービスのアットホーム(株)(東京都大田区)は、12月2日から来年2月29日まで、アットホーム公式Twitterをフォロー&ツイートするとその場で抽選結果が分かる「新生活応援キャンペーン」を実施します。

Twitterもしくはキャンペーンサイトから応募すると、抽選で550名に選べる電子マネーギフトがプレゼントされます。キャンペーンサイト:「PC」「スマートフォン」


このページのトップへ戻る ▲

2019/12/3  Apaman Network、アパマンショップで「来店で家電が当たるキャンペーン」を実施

Apaman Network(株)(東京都千代田区)は、日本国内のアパマンショップで12月1日から来年3月31日まで、「来店で家電が当たるキャンペーン」を実施します。

キャンペーン期間中に日本国内のアパマンショップに来店して、部屋探しをする人を対象に、抽選で家電をプレゼントするもの。掃除機、炊飯器、32型フルハイビジョンTV、スマートスピーカーなどが賞品。


このページのトップへ戻る ▲

2019/12/3  いえらぶGROUP、「業者間サイト」機能を12月より提供開始

不動産業に特化した業務支援CLOUDサービス「いえらぶCLOUD」を提供する(株)いえらぶGROUP(東京都新宿区)は12月2日、「業者間サイト」機能を、いえらぶプレミアム会員に無償で12月より提供を開始した、と発表しました。

「業者間サイト」機能では、管理会社がリアルタイムで空室情報を仲介会社に公開し、物件確認・内見予約をウェブ上で完結することが可能。

「業者間サイト」の普及を通して賃貸管理業務のIT化を推進することで、不動産業界の働き方改革と、ユーザーがより便利な住まい探しができる環境作りを実現する、としています。

管理会社の最新の空室情報が反映され、図面・空室一覧・画像のダウンロードが可能なため、電話やFAXによる物件確認が不要となり、内見予約・VR内見をサイト上で行うことができ、申込書や入居計算書もダウンロード可能。管理会社は物件配信やアクセス分析を通じて、空室期間を短縮することができる、としています。


このページのトップへ戻る ▲

2019/12/3  大阪府住宅供給公社、創業100周年となる2050年に向け「将来ビジョン2050」を公表

大阪府内で賃貸住宅の提供などの事業を行う大阪府住宅供給公社(大阪市中央区)は12月2日、創業100周年となる2050年の「公社がめざす将来像」とその実現に向けた方向性などを描き示した「将来ビジョン2050」を公表しました。

今後予測される経営環境の変化へ備えるとともに、さらなる経営基盤の強化を図りながら、これから先の目指す将来像とその実現に向けた方向性などを描き、時代の変化へ柔軟に対応しながら新たな価値を創造することを目的に策定したもの。


このページのトップへ戻る ▲

2019/12/3  山長、カフェ風リノベーション物件のイメージプロモーションビデオを制作

不動産賃貸業の(有)山長(山梨県甲府市)は11月29日、カフェ風フルリノベーション「Eleg ant Room」プロジェクトを推進する所有賃貸アパート「グレイスロイヤル」(甲府市大里町)のWEB集客強化を図るため、カフェ風リノベーション物件のイメージプロモーションビデオを制作した、と発表しました。

同社では、大手不動産情報サイトに掲載して情報発信するだけでなく、「築年数」や「予算上限」で検索条件を絞り込まれないよう、自社WEBサイト及び公式Instagramアカウントを開設するなど、独自のWEB集客の方法を取り入れてきました。

物件の写真掲載のみではその部屋での暮らしのイメージまで伝えることは難しく、「おしゃれなキッチンは人を幸せにする」をテーマとしたライフスタイルをイメージさせるプロモーションビデオを制作し、公開するもの。


このページのトップへ戻る ▲

2019/12/3  OYO TECHNOLOGY&HOSPITALITY JAPAN、「OYOハッピープライス!」セールを開始

賃貸住宅型サービス「OYO LIFE」を運営するOYO TECHNOLOGY&HOSPITALITY JAPAN(株)(東京都千代田区)は11月29日、「OYOハッピープライス!」と題し、 特別価格で対象物件への入居が可能なスペシャルセールを同日より開始する、と発表しました。同セール専用のWEBサイトも開設し、対象物件を一覧で紹介することでユーザーの物件検索がより便利になっています。

「OYO LIFE」は、スマートフォン一つで物件探しから退去まで完了でき、部屋に入居するだけで暮らしの全てが揃っている新生活サービス。引っ越しにかかる初期費用は0円。電気・ガス・水道・家具家電・Wi-Fiなどの生活インフラが含まれているので、新しい生活を手軽に楽しむことができます。

「OYOハッピープライス!」セールの対象物件は1都3県を中心としたエリアにある家具家電付き、家具家電なしの部屋で、初めて一人暮らしを始める人も、すでに家具を持っている人も、それぞれの希望に沿った部屋の予約が可能。


このページのトップへ戻る ▲

2019/12/3  GA technologies、投資用物件のラインナップを拡充

不動産テック総合ブランド「RENOSY(リノシー)」を運営する(株)GA technologies(GAテクノロジーズ、東京都港区)は11月28日、リアル×テクノロジーで最先端の不動産投資を提供する「RENOSY ASSET(リノシーアセット)」にて、今後、国内において増加が見込まれるDINKsなどをターゲットにした都市部に立地する50平方メートル前後の物件の取り扱いを増やし、投資用物件のラインナップを拡充することを明らかにしました。

価格帯は4,000万円程度の物件。これにより、従来よりも豊富な資産形成プランの提案が可能になり、不動産オーナーのライフプランを踏まえた長期で安定的な資産運用を推進する、としています。


このページのトップへ戻る ▲

2019/12/3  日本情報クリエイト、「賃貸物件総合管理システム 賃貸革命」と「勘定奉行クラウドAPI」が連携

不動産関連ソフトウェア事業を手がける日本情報クリエイト(株)(宮崎県都城市)は12月3日、同社が提供する「賃貸物件総合管理システム 賃貸革命」と(株)オービックビジネスコンサルタント(東京都新宿区)が提供している「勘定奉行クラウドAPI」が連携を開始した、と発表しました。

賃貸革命10と勘定奉行クラウドAPIが連携を行うことにより、賃貸革命10で仕訳データを出力すると同時にAPI連携で会計ソフトへ送信され、APIによるシームレスな連携で自動起票されるようになった、としています。

また、勘定奉行クラウドAPIを利用すると、今まで会計ソフトで起票していた作業が自動起票されるので、業務効率化につながる、としています。


このページのトップへ戻る ▲

2019/12/3  OKULAB、洗濯代行サービスビスで東急不動産と包括的な業務提携

東京を中心に12月2日現在、52店舗のランドリーを展開する(株)OKULAB(東京都渋谷区)は12月2日、同社が展開する洗濯代行サービス「Laundry OUT(ランドリーアウト)」を、東急不動産(株)の分譲マンション「BRANZ(ブランズ)」において、コンシェルジュの受付が可能となる居住者専用サービスの提供を開始、同社と包括的な業務提携を開始する、と発表しました。

セルフランドリー、ドライクリーニング、Laundry OUTといったランドリーソリューションを統合的に提供するOKULABは、生活基盤となる「住まい」を提供する東急不動産と協業することで、より価値のあるライフスタイルを創出。

家庭ではケアできないデリケートな衣類を預るドライクリーニングとは違い、Laundry OUTは顧客に代わって、日常の水洗い洗濯をプロが行う洗濯代行サービス。


このページのトップへ戻る ▲

2019/12/3  日京ホールディングス、1都3県における38エリアに関する意識調査の結果を発表

横浜エリアの住宅や不動産を紹介する総合サイト「横浜スタイル」を運営する(株)日京ホールディングス(横浜市中区)はこのほど、本人もしくは配偶者が山手線内、近郊で働く25~45歳の男女400人に実施した、1都3県における38エリアに関する意識調査の結果を発表しました。

それによりますと、「横浜市」が「意外と都心へのアクセスが良いと思うエリア」「住みやすいと思うエリア」「国際的だと思うエリア」の3項目において、38エリアで1位となりました(それぞれ順に27.8%、21.8%、53.5%)。

住みたい街ランキング等で常に取り上げられるような人気エリアがひしめく中で、住宅の購入、検討機会の高い世代の25~44歳が答えた調査で「横浜市」が3冠。

▼ 調査トピックス

・「意外と都心へのアクセスが良いエリア」は男女別・世代別でも1位は横浜。直通線開通前の快挙。
・「住みやすさ」は若い世代の方が高評価。横浜市の住みやすさ。
・「国際的なエリア」として圧倒的な認知度。20代は港区よりも断然、横浜市。


このページのトップへ戻る ▲

2019/12/4  帝国データバンク、11月調査の「TDB景気動向調査(全国)」2ヵ月連続で悪化

(株)帝国データバンク(TDB)は12月4日、11月調査の「TDB景気動向調査(全国)」結果を次の通り発表しました。調査対象2万3,678社、有効回答1万46社。

11月の景気DIは前月比0.3 ポイント減の43.6となり、2ヵ月連続で悪化した。

製造業の悪化が関連業種に波及する中、消費税率引上げの影響も続き、国内景気は後退局面入りした可能性がある。今後の国内景気は、個人消費の動向や世界経済の減速などの懸念材料も多く、不透明感が一層強まっている。

業界別(不動産)の現在(2019年11月)の景況感企業の声では、「オフィスビルの空室率低下により、テナント需要が非常に旺盛」(不動産管理)、「低金利の追い風が依然続いており、また不動産売買の成約価格も堅調」(不動産代理・仲介)、「若いファミリー層の住宅ニーズが高い」(建物売買)、「金融機関の引き締めで一般顧客が動かない」(土地売買)、「最低賃金の上昇が収益を圧迫している」(貸事務所)。

また、不動産の景況感の「先行き」については、「1年後には、東京五輪にともなう鉄道関連施設の安全確保需要が見込まれる」(不動産管理)、「商業活動が活発になることで、需要も増えるのではないか」(貸事務所)、「消費税率引上げの景気対策が終了した後、景気は落ち込むと考える」(貸家)、「東京五輪後の市況が悪化していきそう」(不動産代理・仲介)、「不動産価格や建物の建設費用が高くなりすぎている」(不動産管理)
、と捉えています。


このページのトップへ戻る ▲

2019/12/4  アットホーム、ビジュアルリサーチと申込情報のデータ連携を開始

不動産情報サービスのアットホーム(株)(東京都大田区)は12月4日、(株)ビジュアルリサーチ(東京都品川区)とパソコンやスマートフォンからペーパーレスで賃貸の入居申込みができるWeb入居申込システム「スマート申込」、賃貸管理システム「i-SP」との連携プログラムを開発し、2020年1月頃より申込情報のデータ連携を開始する、と発表しました。

申込情報のデータ連携を実施した場合は、アットホームとビジュアルリサーチ間の物件情報のデータ連携を現在の1日4回から1日8回に変更し、よりタイムリーに物件情報を提供。

データ連携によるメリットは、不動産管理会社のメリットとして「i-SP」を利用する不動産管理会社が、「スマート申込」を導入することで入居申込とその受付業務を「i-SP」上で完結することができ、手書き書類の不備確認や不動産会社間でのFAX送付といった業務負荷が軽減可能。

また、不動産仲介会社・入居希望者のメリット入居申込書の書類記入の手間が省けるのはもちろん、書類の不備確認にかかる時間が減り、審査結果の判明までの時間を短縮できる、としています。


このページのトップへ戻る ▲

2019/12/4  東急住宅リース、賃貸マンション「LIBR GRANT 西新宿」12月より入居者募集

東急住宅リース(株)(東京都新宿区)は12月4日、テルウェル東日本(株)と連携して東日本電信電話(株)が東京都新宿区に所有する社宅跡地に賃貸マンション「LIBR GRANT 西新宿」2棟・198戸を建設し、12月より入居者の募集を開始した、と発表しました。

東急住宅リースが事業主となり、旧社宅の解体後、建築した賃貸マンションをテルウェル東日本が取得するスキームで、2020年2月の竣工と同時期に入居者の入居を開始し、マンションの賃貸管理運営は東急住宅リースが行います。

EAST棟の構造規模は、14階地下1階、戸数は99戸、間取りは1K~3LDK。WEST棟は13階地下1階、戸数99戸、間取りは1K~3LDK。

画像の説明


このページのトップへ戻る ▲

2019/12/4  イタンジ、東京建物不動産販売にWEB申込受付システム「申込受付くん」提供

イタンジ(株)(東京都港区)は12月4日、東京建物不動産販売(株)(東京都中央区)に、賃貸物件の入居申込みに関わる手続きをデジタル化するため入居申込書のWEB申込受付システム「申込受付くん」を同日より提供する、と発表しました。

「申込受付くん」は、賃貸物件の入居申込みに関わる手続きをデジタル化することにより、入居するまでの時間と手間を大幅に削減できる、WEB申込受付システム。

「申込受付くん」の導入により入居希望者が複数の書類に共通する情報を何度も記入する手間を削減できるだけでなく、入居希望者がWEB上で入力した情報や手続きの進捗を東京建物不動産販売、賃貸仲介会社、賃貸保証会社間で共有することができ、申込書提出から審査までの時間短縮と業務効率化を実現することが可能になった、としています。

東京建物不動産販売は既に同じくイタンジが提供する空室情報等に関する問い合わせ電話への自動応答システム「ぶっかくん」と、内見予約WEB受付システム「内見予約くん」を導入。今回の「申込受付くん」の導入により、東京建物不動産販売の賃貸管理物件においては、物件の空室確認から、内見予約、申込み受付までの一連の流れをデジタル化し、一元管理することが可能になりました。


このページのトップへ戻る ▲

2019/12/5  MFS、最大50年間の「将来家賃」と「売却価格」の予測機能を追加

オンライン不動産投資サービス「モゲチェック不動産投資」を提供する(株)MFS(東京都千代田区)は12月5日、「モゲチェック不動産投資」にAIを活用した最大50年間の「将来家賃」と「売却価格」の予測機能を同日から追加する、と発表しました。

同機能を利用することにより、不動産オーナーは自身の保有物件の将来的な収支状況を把握することができ、ローンの借り換えまでを考慮した不動産運用が可能になる、としています。

最大50年間の「将来家賃」と「売却価格」を予測するのは、家賃や価格に関する事例等からAIによる不動産価格推定技術を開発する(株)コラビット(東京都港区)とのシステム連携により実現したもの。


このページのトップへ戻る ▲

2019/12/5  ファインド、不動産の様々な相談ができる新規Webサービス「いえぴた」をリリース

不動産の買取をメインとする不動産買取情報サイト「不動産買取ナビ」を運営するファインド(株)(横浜市青葉)は12月5日、不動産の様々な相談ができる新規Webサービス「いえぴた」を12月1日よりリリースした、と発表しました。

サービスはあえて物件情報はゼロとし、顧客自身で相談してみても良さそうな不動産会社を選び、希望条件等を入力すれば最新の提案を受けられるシンプルな仕組み。顧客自身が事前にサービス面や得意分野など選択することにより、不動産会社のミスマッチが防げ、スムーズな取引きができるようになる、としています。


このページのトップへ戻る ▲

2019/12/5  GA technologies、賃貸マンション・アパートの空き家対策に特化したリノベーションサービス提供

不動産テック総合ブランド「RENOSY(リノシー)」を運営する(株)GA technologies(東京都港区)は12月5日、賃貸マンション・アパートの空き家対策に特化したリノベーションサービス「RENOSY ASSET 収益物件リノベーション」の提供を開始した、と発表しました。

同サービスは今年9月よりグループ会社となった、イエスリノベーション(株)(東京都中央区)の賃貸特化型リノベーションサービスをRENOSY ASSETシリーズに統合することで実現。

イエスリノベーションのリノベーションサービスとの統合により、「RENOSY ASSET」シリーズに収益物件特化型のリノベーションサービスが登場したもので、従来のリノベーション費用の約4分の1という低価格を実現し、不動産オーナーの負担軽減を図ります。

また、空室(空き家)リスクを軽減しながら、快適な賃貸用マンション(収益物件)を提供し、中古不動産流通の活性化を図る、としています。


このページのトップへ戻る ▲

2019/12/5  フェリシモ、猫と暮らすための賃貸物件「猫の家」入居者を募集

(株)フェリシモ(神戸市中央区)は12月3日、兵庫県を中心に賃貸・分譲マンション「ワコーレ(WAKOHRE)」を展開する和田興産(株)と猫と暮らすための賃貸物件「猫の家」を共同開発し、入居者を同日より募集する、と発表しました。

「猫の家」は、実際に猫と暮らすフェリシモ猫部部員、和田興産スタッフ、一級建築士がアイデアを出し合い、構想から約2年をかけ開発した、猫にも飼い主にもうれしい賃貸物件。

猫用のステップや、室内を行き来できる猫専用出入口、猫用トイレの設置場所などを完備し、猫による傷や汚れをあらかじめ想定した内装にするなど、「猫と人がともにしあわせに暮らせる社会」を目指すフェリシモ猫部のこだわりを詰め込んだ、としています。

画像の説明
ニオイの気になる猫用トイレは、人間のトイレスペースに設置する空間
設計で、トイレの置き場問題を解決。ドアが開いていなくても、猫がト
イレに出入りできる猫用の入り口(猫口)も完備


このページのトップへ戻る ▲

2019/12/5  マンションマーケット、独自調査による豊島区の中古マンション価格相場を発表

マンション相場情報サイト「マンションマーケット」を運営する(株)マンションマーケット(東京都千代田区)は12月4日、同社が保有する相場データを活用し、「マンションサプリ」にて、独自調査による豊島区の中古マンション価格相場を発表しました。2019年10月の月間データから算出。

上位ランキング20位は、池袋駅周辺エリアのタワーマンションと投資用マンションが中心。豊島区は学生などの単身世帯者が多く投資としての魅力があるが、最近では各社の「住みたい街ランキング」の上位に入るなど、実需用の中古マンションの価値がアップデートされています。


このページのトップへ戻る ▲

2019/12/5  すむたす、「すむたす買取」AIによる累計査定金額600億円、累計査定件数2,200件を突破

(株)すむたす(東京都目黒区)は12月5日、同社が提供するAIを活用した中古マンションのオンライン直接買取サービス「すむたす買取」が2019年10月9日にサービス開始1周年を迎え、AIによる累計査定金額600億円、累計査定件数2,200件を突破した、と明らかにしました。

AIを活用して最短2日でマンションを買い取る「すむたす買取」は、国内初のサービスとして2018年10月より提供を開始。これまで2~3LDKのファミリータイプの物件を中心に2,229件の利用実績(2019年10月9日現在)があり、各種利用データ集計から見えてきた「オンラインで家を売る人の実像」や「社会トレンド」についてまとめています。


このページのトップへ戻る ▲

2019/12/5  LIFULL、「LIFULL HOME'S ACTION FOR ALL」を立ち上げ

(株)LIFULLが運営する不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」は11月27日、あらゆる人の“したい暮らし”を実現する取組み「LIFULL HOME'S ACTION FOR ALL」を立ち上げ、第1弾として2つのプロジェクトを同日より開始する、と発表しました。

「LIFULL HOME'S ACTION FOR ALL」は、高齢者や外国籍、LGBTQ+、生活保護受給者など様々なバックグラウンドを持つ人に理解があり、相談に応じてくれる不動産会社を検索できるサービス「FRIENDLY DOOR」と、LIFULL HOME'Sで物件の問合わせをしたユーザーがDV被害者やホームレスなど、自ら応援したいと思う対象者を選ぶとユーザーに代わって、LIFULL HOME'Sがその人々を支援する団体に寄付する仕組み「えらんでエール」という2つのプロジェクトを同日より開始。

なお、「FRIENDLY DOOR」は、11月時点で全国500店舗以上の不動産会社を掲載。このプロジェクトに参加している不動産会社に『FRIENDLY DOORステッカー』を配布予定。


このページのトップへ戻る ▲

───────────────────────────────────────────────────────────────────





画像の説明

powered by HAIK 7.2.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional