賃貸経営、管理、土地活用、不動産投資など賃賃ビジネスに役立つ最新ニュース

二ュース新着情報

文字サイズ:

今週のニュース新着情報

2020年8月3日~7日のバックナンバー

2020年7月のバックナンバー.

このページのトップへ戻る ▲


2020/8/3  アットホーム、物件画像内に実在する家具等を配置する「ホームステージング支援サービス」開始

不動産情報サービスのアットホーム(株)(東京都大田区)は8月3日、物件画像内に実在する家具等を配置する「ホームステージング支援サービス」の提供を同日より開始する、と発表しました。

室内画像(静止画や360度パノラマ)内に実在する家具や小物等をプロのインテリアコーディネーターが選定・配置し、バーチャル上で魅力的な室内を演出。

ウィズコロナ時代におけるオンライン上での新しい住まい探しが加速する中、同社は不動産会社がオンライン上でより詳細な物件情報や、生活空間のイメージを消費者に提供できる環境を整え、不動産会社をサポートするとともに不動産業界の活性化を推進する、としています。


このページのトップへ戻る ▲

2020/8/3  大東建託、週刊全国賃貸住宅新聞発表の「2020年管理戸数ランキング1083社」第1位を獲得

大東建託(株)(東京都港区)は8月3日、週刊全国賃貸住宅新聞(2020年7月27日発行号)で発表された「2020年管理戸数ランキング1083社」において第1位を獲得した、と発表しました。同ランキングでの第1位獲得は、24年連続。

同社の2020年3月末時点における居住用の管理戸数113万218戸が、同紙が調査した管理会社1,083社の中で第1位となったもの。2020年6月末時点で同社の居住用の管理戸数は114万910戸、事業用を含めると117万6,386戸となっています。


このページのトップへ戻る ▲

2020/8/3  パナソニック、半個室空間を作れる組み立て簡単デスク「KOMORU(コモル)」を発売

パナソニック(株)ハウジングシステム事業部は8月3日、ユーザー自身で簡単に組み立てができ、約1平方メートルの半個室空間を作れる組み立て簡単デスク「KOMORU(コモル)」(希望小売価格<税抜き>8万8,000円)を9月18日に発売する、と発表しました。

空間の「自分らしさ」を保ちつつリビングでの仕事効率化を実現するため、約1平方メートルの半個室空間を作れる組み立て簡単デスク「KOMORU(コモル)」を開発。同製品は高さ約120センチの仕切りとデスクが一体になった構造で、部屋の角に設置することで、集中して仕事や作業に取り組むためのスペースを作ることが可能、としています。

画像の説明
「KOMORU」単体イメージ


このページのトップへ戻る ▲

2020/8/3  sumusapo、賃貸生活サポートアプリ住むサポと漫画Youtubeチャンネル「エトラちゃんは見た!」のタイアップ動画公開

sumusapo(株)(東京都港区)は8月3日、賃貸生活サポートアプリ住むサポと漫画Youtubeチャンネル「エトラちゃんは見た!」のタイアップ動画を公開し、合計視聴回数が200万再生を突破した、と発表しました。

今回のタイアップ動画は、賃貸退去時の敷金トラブルと入居時のトラブル事例を基に、民法改正がどのような適用のされ方をするのかをよりイメージしやすくするために、漫画youtubeチャンネルにて、賃貸トラブルのリアルと民法改正、それらに対して住むサポアプリが提供できる価値について発信したもの。


このページのトップへ戻る ▲

2020/8/4  アットホーム、地場の不動産仲介業における景況感調査(2020年4~6月期)結果を発表

不動産情報サービスのアットホーム(株)(東京都大田区)は8月4日、アットホーム加盟店を対象に全国13都道府県14エリアの居住用不動産流通市場の景気動向について、四半期ごとに実施している景況感調査(2020年4~6月期)の結果を次の通り発表しました。

▼ 主なポイント

・首都圏・近畿圏における今期業況DIは、新型コロナウイルスの影響を受け、賃貸仲介・売買仲介ともに前期より大幅悪化。いずれも2014年1~3月期の調査開始以来最低値を記録。一方、来期業況は回復見込み。

・調査対象14エリアにおける今期業況DIは、賃貸が10エリア、売買が12エリアで最低値に。

・5月の人口移動数は、東京23区が初の転出超過に。新型コロナウイルスの影響で住まいの選び方にも変化が見られる。


このページのトップへ戻る ▲

2020/8/4  S-FIT、「LINE友達登録数40,000人突破キャンペーン」開催

(株)S-FIT(東京都港区)は、同社が運営する賃貸仲介店舗「お部屋探しCAFEヘヤギメ!」で、「LINEでお部屋探し」の利用者が40,000人を突破したことを記念して、「LINE友達登録数40,000人突破キャンペーン」を8月1日~10月31日までの期間、開催します。

ヘヤギメ!LINEを登録し、来店するともれなくLINEポイント1,000円分プレゼント。来店、契約した人から抽選で人気家電をプレゼント。

対象店舗は阿佐ヶ谷店、池袋店、御茶ノ水店、川崎店、錦糸町店、高円寺店、下北沢店、
鶴見店、目黒店、門前仲町店、六本木店。


このページのトップへ戻る ▲

2020/8/4  CBRE、不動産専門ポータルサイト「PROPERTY SEARCH」の検索機能をリニューアル

シービーアールイー(株)(CBRE、日本本社:東京都千代田区)は8月4日、新型コロナウイルス感染拡大の影響によって生じた顧客のニーズの変化に答えるために、同社が運営する事業用不動産専門ポータルサイト「PROPERTY SEARCH(プロパティサーチ)」の一部をリニューアルし、新たな物件検索機能を追加した、と発表しました。

「PROPERTY SEARCH」は、オフィス、倉庫、店舗など、ビジネス用途の賃貸物件の検索サイトが中心のポータルサイト。

今回のリニューアルにより、従来の賃貸オフィスの検索の他に、シェアオフィスや居抜きオフィスも一緒に検索できるようになり、近年のクラウド利用の拡大などを背景に需要が拡大しているデータセンターに関する問い合わせページも新たに設置。


このページのトップへ戻る ▲

2020/8/5  帝国データバンク、7月調査の「TDB景気動向調査(全国)」一部で持ち直しの動きも、厳しい経済状態が継続

(株)帝国データバンク(TDB)は8月5日、7月調査の「TDB景気動向調査(全国)」結果を次の通り発表しました。調査対象2万3,680社、有効回答1万1,732社。

7月の景気DIは2ヵ月連続で前月比1.5ポイントプラスの29.1となった。

国内景気は、一部で持ち直しの動きがみられたものの、厳しい水準での推移が続いた。今後の景気は、経済活動の再停滞が最大のリスク要因となるなか、低水準での推移が続くとみられる。

業界別(不動産)の現在(7月)の景況感企業の声では、「地方、始発駅に住宅を求めてきているように感じる」(建物売買)、「賃料の減額要請はあるものの、空き倉庫はほとんど無い」(貸事務所)、「特別定額給付金の支給にともなって、一部業種では売り上げ増となっているが、総じては消費動向は弱い」(不動産管理) 、「新型コロナウイルスの影響により住宅販売の集客が激減している。また、中所得者層の将来不安により購入マインドが低下している」(不動産代理・仲介) 。

また、不動産の景況感の「先行き」については、「数年は海外旅行ができない状態が続く予測で、国内で沖縄が注目され、それを見越しての不動産投資が増えると予想される」(不動産代理・仲介) 、「売買、賃貸物件の市況は活発になりそうにみえるが、購入先、賃貸先企業自体の体力が不透明」(貸事務所) 、「現在稼働中案件の次の新規案件がないため、1年後の状況が不安。2次感染が拡大して再度事業の見直しがあれば、さらに厳しくなる」(土地売買) 、と捉えています。


このページのトップへ戻る ▲

2020/8/5  アットホーム、小規模オフィス(50坪以下) の募集賃料を発表

不動産情報サービスのアットホーム(株)(東京都大田区)は8月5日、同社の不動産情報ネットワークに登録・公開された小規模オフィス(50坪以下) の2020年上期(1月~6月)の募集賃料を発表しました。

▼ 東京

・東京20エリアの小規模オフィス募集賃料は、2012年下期以降最高値を更新。5~25坪(超小型) は、13,209円/坪 前期比プラス1.4%。25~50坪(小型) は、15,142円/坪 前期比プラス3.0%。
・超小型は、20エリア中17エリアが前期比プラスマイナス5%以内と、比較的小動き。
・小型は、「六本木」「神田・秋葉原」「蒲田・大森・大井町」の3エリアで前期比プラス10%超。

▼ その他主要エリア

・超小型の賃料は、「名古屋市」「大阪市」「福岡市」で前期を上回る。
・小型は、全エリアで前期比プラス5%超。


このページのトップへ戻る ▲

2020/8/5  大東建託、「いい部屋ネット 街の住みここちランキング2020」の群馬県、栃木県、茨城県版発表

大東建託(株)(東京都港区)は8月5日、「いい部屋ネット 街の住みここちランキング2020」の群馬県版、栃木県版、茨城県版と「いい部屋ネット 住みたい街ランキング2020」の群馬県版、栃木県版、茨城県版をそれぞれ発表しました。


このページのトップへ戻る ▲

2020/8/5  Along with、部屋探しアプリ「yesman」の登録物件数が3万件超る

Along with(株)(東京都渋谷区)は8月5日、同社が運営する部屋探しアプリ「yesman(イエスマン)」の登録物件数が3万件を超えた、と発表しました。

「イエスマン」は、契約手続きをアプリ上で全て完結し、はんこ押印も不要。現在の対応エリアは東京23区を中心とした1都3県(神奈川県・埼玉県・千葉県)で、今後順次エリアの拡大をしていく予定。


このページのトップへ戻る ▲

───────────────────────────────────────────────────────────────────





画像の説明

powered by HAIK 7.2.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional