賃貸経営、管理、土地活用、不動産投資など賃賃ビジネスに役立つ最新ニュース

二ュース新着情報

文字サイズ:

今週のニュース新着情報

2021年9月13日~17日のバックナンバー

2021年9月のバックナンバー.

このページのトップへ戻る ▲


2021/9/13  NTTデータ・スマートソーシング、不動産情報サイト「HOME4U」と資産形成アドバイスサービス「セカオピ(R)」が業務提携

(株)NTTデータ・スマートソーシング(東京都江東区之)は9月13日、同社が運営する不動産情報サイト「HOME4U」が、(株)ノークリー(東京都港区)の運営する資産形成・運用に関するセカンドオピニオンサービス「セカオピ(R)」と業務提携を開始した、と発表しました。

不動産情報サイト「HOME4U」は、NTTデータ・スマートソーシングが運営する不動産の売却や購入、資産活用をサポートするサービスサイト。

一方、「セカオピ(R)」は資産形成で悩む人が、気軽にプロのファイナンシャルプランナーに相談し、第三者の視点から資産形成・運用に関するアドバイスを受けることができる『セカンドオピニオンサービス』です。

今回の提携により、「セカオピ(R)」を利用するユーザーが、不動産活用・運用の見直しを実施したいなど、不動産を活用した資産形成・運用のアドバイスを受けるとともに、「HOME4U」を通じた最適な企業とのマッチングまで対応が可能になった、としています。


このページのトップへ戻る ▲

2021/9/13  グローバルキャスト、元警察官による賃貸入居トラブル相談・解決サービス「COCO SAFE」を提供

マーケティング支援や教育事業を展開する(株)グローバルキャスト(名古屋市中村区)は9月13日、不動産会社・物件オーナーの悩みをテクノロジーの力で解決するサービス「くらしすたんとfor DX」内にて、元警察官による賃貸入居トラブル相談・解決サービス「COCO SAFE(ココセーフ)」の提供を開始する、と発表しました。

「COCO SAFE」は、元警察官による国内初の賃貸入居トラブル相談・解決サービス。騒音、迷惑行為、不法侵入・窃盗被害、DV・ストーカーなどの入居トラブルに対し、COCO SAFEの相談員が解決に向けた具体的な解決策や状況に合わせた防犯指導を行い、管理会社のトラブル対応業務の軽減を支援するもの。

また、管理する物件にオプションとして付帯することで、物件の付加価値向上や家賃以外の収益確保にも活用できる、としています。


このページのトップへ戻る ▲

2021/9/14  アットホーム、「不動産のプロが選ぶ!『オンライン内見・重要事項説明で気を付けるポイント』ランキング」を発表

不動産情報サービスのアットホーム(株)(東京都大田区)は9月14日、全国のアットホーム加盟店を対象に調査した、これからオンラインで住まいを探す人に参考にしてもらいたい、「不動産のプロが選ぶ!『オンライン内見・重要事項説明で気を付けるポイント』ランキング」を発表しました。

それによりますと、オンラインで内見をする際に、気を付けるべきことを聞いたところ、「当日までにアプリやシステムなどの準備をしておく」が62.0%で1位。次いで、「パソコンやスマートフォンを充電しておく」が51.3%で半数を超えました。3位は、「安定した通信環境を整える」が40.5%で、いずれもスムーズに内見を進めるための事前準備が上位を占めました。

オンライン内見中のポイントとしては、「共有部分も見せてもらう」「周辺環境を見せてもらう」がそれぞれ37.7%で4位にランクイン。

不動産会社のコメントでは「大通りから物件までや駅から物件まで、歩きながら案内すると感謝されました」といった声がありました。現地に足を運べないオンライン内見では、部屋の外の雰囲気についても確認してもらうとよいようです。

一方、オンラインで重要事項説明を聞く際に、気を付けるべきことを聞いたところ、内見編同様、「当日までにアプリやシステムなどの準備をしておく」が71.1%で1位。次いで「契約書」「重要事項説明書」などの書類を手元に用意しておくが2位で70.4%、事前に「契約書」「重要事項説明書」などの書類を読んでおくが3位で59.2%。

不動産会社のコメントでは「直接会って説明できないため、説明後に返送いただく書類に不備が多かった」「重要箇所の説明が理解されているか分かりにくかったので、重要な箇所は二度説明した」といった声がありました。押印の不備によるやり取りなどを後々発生させないためにも、事前に目を通しておくとよいようです。


このページのトップへ戻る ▲

2021/9/14  神谷コーポレーション湘南、「ウッドショックの影響について」アンケート結果を発表

天井高さの室内ドア専門メーカーの神谷コーポレーション湘南(株)(神奈川県伊勢原市)は9月9日、全国の契約工務店向けに「ウッドショックの影響について」アンケートを実施した結果を発表しました。

見積りから注文までのリードタイムの変化について、ウッドショック前のデータでは、約9割の物件が見積りから3ヵ月以内に注文になっていたが、ウッドショック後では、4割を割るほど減少しており、ウッドショックの影響で5割を超える新築工事に遅れが出ていることが分かります。

ウッドショックに関するコメントとして、納期の遅れ以外にもウッドショックによる価格の高騰によって、今後消費者への価格に影響する可能性がある、としています。


このページのトップへ戻る ▲

2021/9/15  アットホーム、不動産情報プラットフォーム「ATBB」に賃貸仲介向け「見積作成支援機能」リリース

不動産情報サービスのアットホーム(株)(東京都大田区)は9月15日、不動産情報流通プラットフォーム「ATBB(不動産業務総合支援サイト)」において、賃貸仲介業務に対応した新機能「見積作成支援機能」を同日、リリースする、と発表しました。

「見積作成支援機能」は、ATBBに公開されている賃貸居住用の物件情報に基づいた初期費用・月額費用の見積書(概算費用計算書)が作成できるATBBの新機能。同機能の提供により、不動産会社の接客業務の効率化・入居希望者へのスピーディーな情報提供を支援。

同機能の活用により、接客対応時に、物件選定時に消費者が知りたい費用に関する情報を自動反映した見積書を簡単・スピーディーに提供可能で、見積書は、PDF・Excel・URL発行など様々な形での出力が可能。オンラインでの接客時はURL発行・メール送付、対面での接客時はPDF・Excelから印刷、といったシーンに応じた活用ができる、としています。


このページのトップへ戻る ▲

2021/9/15  オリックス、大京の賃貸マンションシリーズ 「ライオンズフォーシア押上」竣工

オリックス(株)は9月15日、(株)大京(東京都渋谷区)のオリジナルブランドの賃貸マンション「ライオンズフォーシア押上」(東京都墨田区業平4-5)が竣工し、9月中旬より入居を開始する、と発表しました。

鉄筋コンクリート造、地上7階建ての総戸数37戸。間取りは1K(6戸)、1DK(12戸)、1LDK(6戸)、2K(7戸)、2DK(6戸)の5つで全6タイプと、シングルからファミリーまで多様なニーズに対応。賃料は10万9,000円~18万4,000円、管理費は1K・1DK・2K1万円、1LDK・2LDK1万5,000円。

各住戸専用の宅配ボックスを配備したほか、スマートフォンアプリから遠隔操作できるIoT照明設備を全住戸に導入。セキュリティ面では、専有部のドアロックのほか、風除室、エントランス、エレベーターに複数のロックを備え、安心・安全な暮らしを提供。


このページのトップへ戻る ▲

2021/9/15  JLL、福岡の不動産市況を分析した「福岡不動産市場の動向と展望」を発表

総合不動産サービス大手、ジョーンズ ラング ラサール(株)(JLL、東京都千代田区)は9月15日、コロナ禍における福岡の不動産市況をセクター別に分析したレポート「福岡不動産市場の動向と展望」を発表しました。

国内外の投資家は、都市としての「福岡」の魅力に注目しています。福岡は、地理的な特性を活かした九州並びにアジアのゲートウェイ都市として発展しており、自治体が推進する都市の賑わいを創出するプロジェクト「天神ビッグバン」「博多コネクティッド」「ウォーターフロントネクスト」、それらの都市プロジェクトに関連する不動産開発も多く計画されています。

現在進行形で進んでいる福岡の発展は投資家にとって魅力的であり、今後の成長性が期待されます。同レポートでは、不動産の観点からみたグローバル都市と福岡の都市比較や、各セクター(オフィス、リテール、物流、ホテル)における市場動向及び今後の展望をまとめています。


このページのトップへ戻る ▲

2021/9/17  国土交通省、「グリーン住宅ポイント制度」8月末時点の実施状況

国土交通省は9月17日、「グリーン住宅ポイント制度」について、8月末時点の実施状況を発表しました。

それによりますと、賃貸住宅のポイント申請受付は1,665戸で、ポイント発行は493戸、4930万ポイント。累計では申請受付が3,276戸、ポイント発行で682戸、6,820万ポイントとなっています。

新型コロナウイルス感染症の影響により落ち込んだ経済の回復を図るため、一定の省エネ性能を有する住宅の新築やリフォーム等に対して、商品や追加工事と交換できるポイントを付与する制度で、新築の場合1戸当たり10万ポイント、リフォームが1戸当たり上限30万ポイント受け取れます。

賃貸住宅の場合、新築、リフォームを対象とし、新築では賃貸住宅のトップランナー基準に適合した高い省エネ性能を有する全ての住戸の床面積が40平方メートル以上の賃貸住宅に1戸当たり10万ポイントが付与されます。今年10月31日までの契約が対象。


このページのトップへ戻る ▲

2021/9/17  AMBITION、新感覚の部屋探しSNS型アプリ「ルムコン」ユーザー数千人突破

総合不動産企業 (株)AMBITION(東京都渋谷区) は9月14日、4月にサービス開始した部屋探しユーザーと、不動産仲介会社の営業マン(ルームコンシェルジュ)をマッチングする新感覚の部屋探しSNS型アプリ「ルムコン」のユーザー数が1,000人を突破した、と発表しました。

アプリ内のタイムラインに「ルームコンシェルジュ」と呼ばれる全国の営業マンが投稿する部屋情報は、写真や動画が満載。雰囲気や細部までが分かりやすく紹介されており、使い慣れたSNSサービスのように、リアルタイムで実際に内見しているように部屋をチェックできると好評。

気に入った投稿に「いいね!」したり、ルームコンシェルジュをフォローすることで、好みの物件がより多くタイムライン上にアップされ、直接、気軽にコンタクトできる、不動産のプロであるルームコンシェルジュとのコミュニケーションを通じて、個別に最適な部屋を探してもらえるサービス。


このページのトップへ戻る ▲

2021/9/17  イタンジ、約15万件の賃貸物件を対象に初回接客~契約における顧客データ連携を実現

イタンジ(株)(東京都港区)は9月16日、仲介会社向け顧客管理・自動物件提案システム「ノマドクラウド」と、年間約28万件の入居申込みに利用される不動産関連WEB申込受付システム「申込受付くん」をシステム連携することで、初回接客から契約における顧客データ連携を実現した、と発表しました。

対象物件はリアルタイム不動産業者間サイト「ITANDI BB」に掲載されている「申込受付くん」で電子入居申み込が可能な約15万の賃貸物件。

これにより仲介会社は、入居希望者の初回接客から契約手続きまでを同一画面で管理でき、入居希望者は、問い合わせまたは来店時に入力した名前・住所などの情報を入居申込み・契約時に再入力する必要がなくなった、としています。


このページのトップへ戻る ▲

2021/9/17  大東建託、地元で本社業務を可能とする勤務形態の対象者を拡大

大東建託(株)(東京都港区)は9月17日、昨年から開始している地元で本社業務を可能とする勤務形態の対象者をこれまでの単身赴任者に加え、本社所属の単身者・家族帯同者にも10月1日より拡大する、と発表しました。

同社は2020年10月より、コロナ禍によるテレワークの普及に合わせ、本社所属の従業員30
名の単身赴任を解除し、家族が住む自宅での在宅勤務を可能とする勤務形態を導入しています。

今回、単身赴任を解除した従業員に実施状況を確認したところ、多くの従業員が継続を希望したことから、地元での本社業務を希望する単身者・家族帯同者にも対象を拡大したもの。


このページのトップへ戻る ▲

2021/9/17  愛知県宅地建物取引業協会、「不動産検索サイトあいぽっぽ」をサイトリニューアル

(公社)愛知県宅地建物取引業協会は9月17日、かわいいハトのキャラクター「あいぽっぽ」でお馴染みの「不動産検索サイト あいぽっぽ」を9月5日にサイトリニューアルした、と発表しました。

今回のサイトリニューアルでは、バリアフリー・オール電化・ペット相談可・楽器相談可といった「こだわり条件」での検索機能も加わり、顧客にピッタリの物件がより見つかりやすくなった、としています。


このページのトップへ戻る ▲

──────────────────────────────────────────────────────────────────





画像の説明

powered by HAIK 7.2.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional