賃貸経営、管理、土地活用、不動産投資など賃賃ビジネスに役立つ最新ニュース

二ュース新着情報

文字サイズ:

今週のニュース新着情報

2018年7月17日~20日のバックナンバー

7月のバックナンバー.

このページのトップへ戻る ▲


2018/7/17  グローバルエージェンツ、大阪初となる39棟目のソーシャルアパートメント「TERMINALS(ターミナルズ)高槻」を10月オープン

(株)グローバルエージェンツ(東京都渋谷区) は7月17日、大阪初となる39棟目のソーシャルアパートメント「TERMINALS(ターミナルズ)高槻」を10月にオープンする、と発表しました。オープンに先駆けて8月中旬より順次内覧会を開催予定。

鉄筋コンクリート造・陸屋根4階建てで、世帯数55戸。居室タイプは1BRタイプ、賃料は4万3,000円~5万4,000円(2年プラン適用時、管理費・水道光熱費別)。

ソーシャルアパートメントは、賃貸マンション内にラグジュアリーなラウンジを設置することで、住む人の自発的なコミュニティ形成を促進させる仕組みを持った新しい共同住宅。

従来型のワンルームマンションとも異なり、昨今同じく注目を集めているシェアハウスとも異なる新しい居住スタイル。東京都からも助成金対象事業に認定され、近隣付き合いの希薄化した社会において注目を集めています。

なお、同社は首都圏を中心に、隣人交流型賃貸住宅「ソーシャルアパートメント」38棟、約2,000戸の運営を主力事業として、ゲスト交流型ホテル、ソーシャルアパートメント併設型カフェなどのライフスタイル事業を展開。


このページのトップへ戻る ▲

2018/7/17  アクセル、戸建て用宅配ボックス・ポスト「スマポ」のレンタルサービスを開始

(株)アクセル(東京都豊島区)は7月17日、(株)ナスタ(東京都港区)が発売する戸建て用宅配ボックス・ポスト「スマポ」のレンタルサービス『スマポレンタル』を月額1,280円~(スタンダードプラン)で7月25日より開始する、と発表しました。

スマポレンタルの設置で、不在時でも配送物の受取り、配送物の発送をすることが可能。社会問題となっている宅配再配達問題解決の糸口となる、としています。

▼ レンタルだけの4つの特典

・スマポのカギ紛失、破損時の無償交換(2回目以降有償)。
・家の電化製品が故障した際の無償修理(設置・購入日から10年以内の機器・製品に限ります)。
・水回りやガラス破損等の出張訪問サポート。
・会員限定特別価格でのレジャー施設等の割引サービスを利用可能。


このページのトップへ戻る ▲

2018/7/17  都市再生機構、UR賃貸住宅初の「洗濯代行&宅配サービス付コインランドリー」をオープン

(独)都市再生機構(UR)西日本支社は7月13日、(株)アイル(大阪市)と連携し、大阪市大正区の千島団地において、UR賃貸住宅初となる「洗濯代行&宅配サービス付コインランドリー」を7月29日にオープンする、と発表しました。

近年の単身世帯の増加、女性の社会進出、高齢化の進展といった社会構造やライフスタイルの変化に対応するため、「自宅での洗濯・時間」に縛られない新たな暮らし方を提案するもの。

同団地に住む人限定で、自宅での洗濯物ピックアップから、洗い、たたみ、返却まで一括でのサービスが対応可能。また、同サービスに合わせて、高齢者世帯には見守りサービスの付与も可能。

コインランドリーに隣接して専属トレーナーが常駐するフィットネスが設置され、洗濯
の待ち時間を利用して、気軽に健康増進に取り組める、としています。


このページのトップへ戻る ▲

2018/7/19  ハウスコム、外国人の顧客向けに「グローバル・サポート・プラン」のWEBセミナーを開催

ハウスコム(株)(東京都港区)は7月18日、日本語を話せない外国人の顧客に対して、来日前に海外から部屋を探すことのできる「グローバル・サポート・プラン」のWEBセミナーを開催した、と発表しました。

すでに5月と6月には、月1回のペースで行い、フィリピン、アメリカを含め6ヵ国から参加。

WEBセミナーでは、ハウスコムのトライリンガルスタッフがプレゼンテーションを行いながら、参加者からの質問を受け付け、時にはその場での回答、または最後にQ&Aの時間を設けてリアルタイムで話をしています。


このページのトップへ戻る ▲

2018/7/19  レオパレス21、防犯プロジェクト「Man on the Curtain」が国際PR協会のアワードを受賞

(株)レオパレス21(東京都中野区)は7月19日、国際PR協会(IPRA)が主催するPRの国際的な業界賞「ゴールデン・ワールド・アワーズ・フォー・エクセレンス(GWA)」において、「エージェンシー」カテゴリーの新サービス、ローンチ部門の最優秀賞を受賞した、と発表しました。

今回受賞した「Man on the Curtain」は、女性を狙った住居侵入犯罪を軽減することを目的とした防犯施策。スマートフォンとプロジェクターを用いて、動く男性のシルエットを室内から窓に投影することで犯罪者に大きなプレッシャーをかけ、犯行を抑止することを目的としています。


このページのトップへ戻る ▲

2018/7/19  リクルート住まいカンパニー、「みんなが選んだ住みたい街ランキング2018関東版 番外編~街のイメージ~」の概要発表

(株)リクルート住まいカンパニー(東京都港区)は7月18日、東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県の関東に居住している人を対象に実施したWEBアンケート形式による「みんなが選んだ住みたい街ランキング2018関東版 番外編~街のイメージ~」の概要を次の通り発表 しました。

男女を合わせたランキング1位は「住みたい街ランキング2018」でも1位になった「横浜」。一方、「住みたい街ランキング2018」では43位だった「みなとみらい」が、ここでは7位と健闘。

“住む”というよりも“デートで行く・遊びに行く”街としてのイメージが強いと想定できる。また、「舞浜」「お台場海浜公園」といったレジャー施設のある街もトップ10にランクインした。

シングル男性では、ターミナル駅で商業施設がそろう「渋谷」「新宿」がトップ2に。シングル女性では、1位「表参道」、同率2位「横浜」「銀座」とオシャレで先進的なイメージのある街が上位に。

また、東京オリンピックの時に人気が出ていそうな街(駅)ランキングでは、1位の「豊洲」のほか、「月島」「勝どき」「新木場」といった東京オリンピック関連施設の建設予定地である湾岸エリアの街と、「東京」「品川」「渋谷」「新宿」「銀座」「浅草」といった観光客にも人気の高い街が、トップ10にランクイン。

なお、コストパフォーマンスの高い飲食店が多いと思う街(駅)ランキングでは、ビジネスパーソンが多く行き交い、東京屈指の飲食店舗数を誇る街「新橋」が1位。次いで、呑兵衛の聖地としても知名度が高い「赤羽」が2位にランクイン。「銀座」が5位に入っているのが意外だが、他の上位駅がディナーを想定されているのに対し、ランチが想定されているといった可能性も。


このページのトップへ戻る ▲

2018/7/19  東京土地家屋調査士会、土地家屋調査士による「不動産表示登記無料相談会」を開催

東京土地家屋調査士会(東京都千代田区)は7月31日(10~16時)に、土地の境界問題等に悩む人に向けて、土地家屋調査士による「不動産表示登記無料相談会」を東京・千代田区の土地家屋調査士会館で開催します。

申込み方法は、電話による事前予約制で、予約電話番号は03-3295-0587。料金は無料。相談時間は1組30分。


このページのトップへ戻る ▲

───────────────────────────────────────────────────────────────────





画像の説明

powered by HAIK 7.2.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional