賃貸経営、管理、土地活用、不動産投資など賃賃ビジネスに役立つ最新ニュース

2016/1

文字サイズ:

ニュース一覧 (過去のバックナンバー)

2016年1月のバックナンバー

このページのトップへ戻る ▲


2016/1/5  国土交通省、2013年土地基本調査の確報集計を公表

国土交通省はこのほど、2013年土地基本調査の確報集計を公表しました。

それによりますと、2013年10月1日現在、「現住居の敷地」を所有している世帯は2,613万世帯で、世帯総数に対する割合(土地所有率)は50.0%と、2008年に比べ0.9ポイント上昇。 また、「現住居の敷地以外の土地」を所有している世帯は901万世帯で、世帯総数に対する割合は17.2%。

世帯が所有している「現住居の敷地以外の宅地など」の土地の所有件数を利用現況別にみると、「主に建物の敷地として利用」している土地(一戸建住宅、共同住宅・長屋建住宅、事務所・店舗・工場・倉庫等の合計)の割合が57.0%を占め、「主に建物の敷地以外に利用」している土地や、空き地や原野など、「利用していない」土地の割合は、それぞれ14.2%、17.5%となっている。

「現住居の敷地」の世帯数を取得方法別の割合でみると、「会社・都市再生機構・公社などの法人から購入」したものが33.6%と最も高く、次いで「相続・贈与で取得」したものが29.3%、「個人から購入」したものは 28.2%となっている。

また、「現住居の敷地以外」の件数を取得方法別に割合をみると、「相続・贈与で取得」したものが50.9%と過半を占め最も高く、次いで「個人から購入」したものが22.1%となっている。


このページのトップへ戻る ▲

2016/1/5  ミサワホーム、総合住宅展示場「板橋高島平ハウジングステージ」に耐火5階建てモデルハウスを出展

 ミサワホーム(株)は、1月2日にオープンした総合住宅展示場「板橋高島平ハウジングステージ」(東京都板橋区高島平7-2-1)に、同社初となる重量鉄骨造の耐火5階建てモデルハウスを出展しました。

同社は、今回のモデルハウスオープンによって都市部のニーズを積極的に収集し、2016年春頃を目処に重量鉄骨造の中層商品を発売する予定。この商品の発売を皮切りに、都市部を中心とした中層住宅市場に向けた商品ラインナップを充実する、としています。


このページのトップへ戻る ▲

2016/1/5  桧家ホールディングス、1月より商品を総て「スマート・ワン」ブランドに変更し販売

(株)桧家ホールディングス(東京都千代田区)は1月4日、“桧家住宅ブランド”を使用する(株)桧家住宅・(株)桧家住宅東京・(株)桧家住宅北関東・(株)桧家住宅上信越・(株)桧家住宅東北の子会社5社と(株)桧家不動産の統一したブランド構築を目指し、2016年1月より商品を総て「スマート・ワン」を冠する名称に変更して販売する、と発表しました。

これにより桧家住宅ブランドを使用する5社とFC加盟店で販売する注文住宅の主力商品である「Gコンセプト」の名称を改め、「スマート・ワン カスタム」とする他、新たに販売する分譲地名は「スマート・ワン コート」「スマート・ワン シティ」とし、名称のみならず「スマート・ワン」の名に相応しい洗練されたデザインと高い省エネ性能を備えた戸建分譲の提供を開始する、としています。


このページのトップへ戻る ▲

2016/1/5  アパマンショップネットワーク、フランチャイズ3店を新規オープン

(株)アパマンショップネットワークは、次のフランチャイズ店舗3店を新規オープンしました。

・「アパマンショップ石神井公園店」 (東京都練馬区)
・「アパマンショップ宮崎東店」 (宮崎県宮崎市)
・「アパマンショップ台北中山店」 (台湾台北市)


このページのトップへ戻る ▲

2016/1/6  国土交通省、首都圏の2015年11月の賃貸マンション賃料指数、前月同値

国土交通省は1月6日、2015年12月分の「不動産市場動向マンスリーレポート」を発表しましたが、それによりますと、首都圏の2015年11月のマンション賃料指数(2005年1月=100)は、前月同値の108.3となっています。東京都区部は、前月比0.1ポイント上昇の106.5。

一方、オフィス賃貸市場の動向では、東京都心5区の11月の大型ビル(基準階100坪以上)の空室率は、前月比0.27ポイント下げて4.19%となり、、7ヵ月連続して低下。前年同月と比較すると、空室率は38ヵ月連続で前年同月を下回りました。

11月の平均募集賃料は、前月比0.14%上げて1坪当たり1万7,637円となり、23ヵ月連続で上昇。前年同月比は4.05%の上昇となり、平均募集賃料は19ヵ月連続で前年同月を上回りました。

東京都心5区の新築ビル(基準階100坪以上)の11月の空室率は、前月比11.34ポイント下げて28.41%となり、2ヵ月ぶりに低下。前年同月と比較すると、空室率は11ヵ月連続して前年同月を上回っています。

11月の平均募集賃料は、前月比2.08%上げて1坪当たり2万8,647円となり、5ヵ月連続して上昇。平均募集賃料は4ヵ月連続して前年同月を上回りました。


このページのトップへ戻る ▲

2016/1/8  リブセンス、不動産賃貸情報サイト「door賃貸」掲載物件数が500万件突破

(株)リブセンスは1月7日、不動産賃貸情報サイト「door賃貸」の掲載物件数が同日に500万件を突破した、と発表しました。

door賃貸は、2010年4月にサービスを開始した成功報酬型の不動産賃貸情報サイト。サイトユーザーから不動産情報掲載企業へ物件に関する問い合わせがあるまで、情報掲載等の費用が一切かからないことに加え、door賃貸経由で契約したサイトユーザーへ入居祝い金の特典があるなど、ユニークなサービス形態を採用。

これまで、サイトユーザーが様々な観点から物件を探せるよう検索機能の改善に取り組んできたほか、建物ごとに部屋をまとめて表示させるなど、PC・スマートフォンともに機能の向上を図っています。

また、より多くの物件情報を掲載できるよう、新規導入の促進や既存利用企業との連携強化、企業の利用管理システムの開発などに注力。この結果、同日、日本全国の賃貸マンション・アパート物件の情報掲載数が500万件を突破したもの。

なお、物件情報掲載数500万件突破を記念して、1月17日までの期間中、door賃貸経由で物件問い合わせ・入居した方全員に「祝い金1万円」を贈呈するキャンペーンを実施しています。


このページのトップへ戻る ▲

2016/1/8  Bambooboy、クラウド賃貸管理ソフトReDocSに「契約書特約追加」と「ユーザー個別会計項目設定」機能を追加

Bambooboy(株)(東京都品川区)は1月8日、クラウド賃貸管理ソフトReDocS(リドックス)に「契約書特約追加」と「ユーザー個別会計項目設定」機能を追加した、と発表しました。

これまで、ユーザーからの要望の多かった「契約書類出力の利便性向上」「勘定項目の個別設定」を今回のバージョンアップにて対応。機能拡張によって、ソフトの自由度を高め、各不動産管理会社個別の業務や仕様に合わせることができるようになっています。

また、今回の新機能の追加に伴って、システムプログラムの更新を行いシステムの高速化を図っている、としています。


このページのトップへ戻る ▲

2016/1/8  健美家、「全国収益(投資用)不動産市場動向レポート2015」公表

不動産投資と収益物件の情報サイト「健美家( けんびや)」を運営する健美家(株)(東京都港区)は1月7日、「全国収益(投資用)不動産市場動向レポート2015」を次の通り公表しました。

▼ 区分マンション

登録物件投資利回り、価格ともに2005年調査開始以来の記録を更新。
利回りは下降基調続き、前年比マイナス0.89ポイントの8.24%と過去最低値を記録。
価格も上昇基調続き、前年比プラス18.5%の過去最高値の1,419万円を記録。
底だった2011年比ではプラス67.7%(プラス573万円)の大幅上昇となった。

▼ 一棟アパート

登録物件投資利回りは依然下降基調が続き、2008年以来最低値となる9.44%を記録。
前年比での下降幅もマイナス0.79ポイントと依然大きい。価格は2012年を底に上昇基調が続き5,639万円。前年比プラス13.3%(プラス660万円)と上昇幅はさらに拡大している。

▼ 一棟マンション

登録物件投資利回りは下降基調が続き、2007年以来最低値となる前年比マイナス0.47ポイントの8.55%を記録。価格は2012年を底に依然として上昇基調が続き、1億4,990万円を記録。上昇幅も前年比プラス6.5%(プラス914万円)と、過去最大値を更新。


このページのトップへ戻る ▲

2016/1/8  エイムズ、民泊も視野に入れたリノベーション物件「eims CRAFT恵比寿」の完成内覧会

観光・民泊事業推進サービス「SRM」を手がけるエイムズ(株)(東京都渋谷区)は、民泊も視野に入れたリノベーション物件「eims CRAFT恵比寿」の完成に伴い、1月22、23日の両日、物件内覧会を開催します。

エイムズは「リノベーションと観光を通して空き家問題を解決し、日本を元気に」を実現するため、空室や家賃下落に悩む賃貸オーナーに対して、賃貸住宅に特化したリノベーションの設計から施工だけでなく、築古賃貸の入居者付けサポート事業や民泊をはじめとする観光事業といった出口戦略を提供。

なお、内覧会は「エステート三田」(東京都目黒区三田2-7-18)で、午前11時から午後4時まで開催します。

画像の説明
eims CRAFT恵比寿


このページのトップへ戻る ▲

2016/1/8  大東建託、12月末の管理戸数94万4,286戸

大東建託(株)は1月6日、2015年12月度の業績速報を公表しました。

それによりますと、12月度の建設事業受注高は、前年同月比6.3%増の583億9,100万円。今期累計では、前年同期比1.4%増の4,732億900万円。

入居者斡旋件数は、前年同月比12.4%増の1万7,444件。今期累計では、前年同期比5.5%増の17万5,066件。

家賃ベース入居率は合計で96.16%。居住用が95.95%、事業用で98.16%。前年差では、居住用が0.04ポイント増、事業用が0.32ポイント増。

12月末の管理戸数(居住用、事業用)の合計は、前年比6.8%増の94万4,286戸。


このページのトップへ戻る ▲

2016/1/8  レオパレス21、ひとり暮らしに特化した情報サイト「ひとり暮らしLab」を開設

(株)レオパレス21は1月7日、ひとり暮らしに特化した情報サイト「ひとり暮らしLab(ラボ)」を開設し、同日より公開した、と発表しました。

はじめてのひとり暮らしに不安を抱えている学生にも、そろそろ引越しを考えている人にも、ワクワクする情報を配信していくメディアの構築を目的としており、「ひとり暮らしを遊ぶメディア」をコンセプトに掲げ、ひとり暮らしに役立つ情報を、「暮らしのヒント」「オシャレ部屋」「趣味・遊び」「おいしいご飯」「お金のこと」「恋愛」の6カテゴリーに分け発信する情報サイト。

ユーザーは、PCやスマートフォン、タブレットから「ひとり暮らしLab」にアクセスし、各記事を新着順やアクセスランキング順などでチェックすることができます。


このページのトップへ戻る ▲

2016/1/8  ネクスト、不動産・住宅情報サイト『HOME'S』の掲載物件数600万件を超える

(株)ネクストは1月8日、不動産・住宅情報サイト『HOME'S』の掲載物件数が600万件を超えた、と発表しました。

『HOME'S』は、2011年1月より、物件への問い合わせ件数に応じて不動産会社(HOME'S加盟店)から利用料を課金する方式を導入し、2010年12月には約279万件だった総掲載物件数が、2013年12月に400万件、2014年11月に500万件を突破しました。

そしてこのたび、総掲載物件数が国内約620万件(2015年12月度平均)となりました。

膨大な物件データベースから希望に応じた住まいを効率よく探るように開発された、複数の不動産会社が掲載する同一の物件を1物件として表示する「ダブリなし表示」、同じ建物内で募集されている物件をまとめて比較・検討可能な「建物まとめて表示」などの各種機能が好評。


このページのトップへ戻る ▲

2016/1/8  リーウェイズ、1都3県の「賃料下落率ランキング」を発表

投資不動産に特化した直販サイト『jikauri』を手がけるリーウェイズ(株)(東京都渋谷区)は1月8日、1都3県の「賃料下落率ランキング」を次の通り発表しました。

同社では1,500万件以上の不動産データを統計的に処理することで、駅ごとの賃料動向を把握しており、今回は1都3県の137の市区ごとに、モデル物件で賃料の減価を推計しました。

賃料の下落が大きなエリアは概ね人口減少の大きなエリアとも重なるので、人口の動向も合わせて紹介しています。

新築プレミアムの影響を除くため中古物件を想定し、築5年から築35年までの30年間の賃料の下落を試算。例えば、賃料の下落率マイナス10%は、築5年の賃料を10万円とした時、築35年では9万円になることを指しています。

また、賃料下落率の数字は、現在10万円の賃料を得ている築5年物件の30年後の想定賃料。人口減少率の数字は国立社会保障・人口問題研究所の推計による2015年を基点とした25年後の減少率です。

▼ 賃料下落1~5位の概要

東京都青梅市は、多摩地域北西部にある市です。2015年1月1日現在の人口は13万7,000人で、国分寺市より多く、中央区よりやや少ない規模。国立社会保障・人口問題研究所の推計によると、青梅市の2040年の人口は10万4,000人となり、25年で24.1%も人口が減少する計算です。

東京都羽村市は、多摩地域西部にある市です。東京都の市の中で最も人口が少なく、東京ドームの収容人員5万5,000人をやや上回る5万6,000人ほどです。羽村市の2040年の人口は4万9,000人が見込まれ、5万人を切ることが予想されています。人口の減少率としては14.3%です。

埼玉家熊谷市は、埼玉県の北部にある市で、夏の暑さは厳しく、2007年には最高気温40.9度を記録するほどです。人口は19万9,000人ですが、2040年には16万人と19.6%減少する見込みです。埼玉県全体としては12.5%の人口減少が見込まれていますので、それに比べると熊谷市の人口は大きく減少することが予想されます。

神奈川県秦野市は、神奈川県の中西部にある市。人口は16万8,000人ですが、2040年には14万8,000人と11.9%減少することが見込まれています。神奈川県全体としては8.8%の人口減少が見込まれていますので、それに比べると秦野市の人口は大きく減少することが予想されます。

埼玉県入間市は、埼玉県の南西部にある市で、狭山茶の産地です。人口は14万9,000人で、2040年には12万6,000人と15.4%減少することが見込まれています。地理的には、賃料下落率1位の東京都青梅市に隣接しています。

画像の説明


このページのトップへ戻る ▲

2016/1/8  バッファロー・IT・ソリューションズ、賃貸住宅向けのWi-Fiブロードバンドサービスを期間限定で12ヵ月間半額

メルコホールディングスグループの(株)バッファロー・IT・ソリューションズ(東京都中央区)は1月8日、空室対策・退去防止に効果があるアパートまるごとWi-Fi化する賃貸住宅向けのWi-Fiブロードバンドサービス「アパートWi-Fi」のランニング費用(インターネット回線費+保守メンテナンス費)を期間限定で12ヵ月間半額で提供するキャンペーンを1月12日から2月29日の期間実施します。

バッファローの「アパートWi-Fi」は、事前調査から工事まで一貫したサポートとインターネット回線・保守メンテナンス費も含んだオールインワンパケージで提供。

Wi-Fi機器をアパート共用部に設置するため、宅内工事が不要で簡単に導入することができ、アパートオーナーから好評を得ています。

「ランニング費用12ヵ月半額キャンペーン」は、これから年度末の引越しシーズンかけて「アパートWi-Fi」導入により、入居者の募集促進や退去防止策としてアパートオーナーの支援策に、導入後の月々のインターネット回線費とメンテナンス保守費を12ヵ月間半額で提供するキャンペーンです。

「ランニング費用12ヵ月半額キャンペーン」の申込みと問合わせは、E-Mail:apart-wifi@melcoinc.co.jp、TEL:03-3523-3354。


このページのトップへ戻る ▲

2016/1/12  東京都、2015年11月分の貸家着工6ヵ月連続の増加

東京都はこのほど、2015年11月分の「新設住宅着工統計」を発表しました。

それによりますと、東京都内における2015年11月の新設住宅着工戸数は1万326戸。前年同月比では、持家、貸家は増加したが、分譲住宅は減少し、全体で6.8%減と3ヵ月連続の減少となりました。

このうち貸家は、前年同月比8.0%増の4,802戸と6ヵ月連続の増加。2015年1~11月の新設合計は5万8,390戸。


このページのトップへ戻る ▲

2016/1/12  積水化学工業住宅カンパニー、女性入居者の要望に応える設備仕様とゆとり空間を賃貸集合住宅『新型ウィズハイムFⅡ』に新たに採用

積水化学工業(株)住宅カンパニーは1月12日、女性入居者の要望に応える設備仕様とゆとり空間を、賃貸集合住宅『新型ウィズハイムFⅡ(エフツー)』に新たに採用。子育てファミリー層をメインターゲットに、セキスイハイム45周年記念商品として、1月23日より北海道、沖縄、積雪地域を除く全国で販売する、と発表しました。

今回発売する『新型ウィズハイムFⅡ』は、防犯機能や女性プロジェクトチーム考案による女性をサポートする「気が利く!」設備仕様を採用。

女性の視点に立ったコンセプトにより、シングルから子育てファミリー層までの長期入居を実現し、オーナーの安定的な賃貸経営を支援する、としています。

設備周りの機能を充実させ、同社標準タイプよりひとまわり大きい1416サイズの浴室、掃除しやすいフチなし形状トイレなどを追加。とくにキッチンは、奥までフルに引き出せ、ゆっくりと閉まる収納やシンク・調理スペースを拡大することで、入居者の使い勝手に配慮。

「インナーテラスバルコニー」と脱衣室の間に室内物干しスペース「ルームコート」を配置した、女性プロジェクトチーム考案による「らくらく家事動線」を提案。天気に左右されることなく洗濯物を干すこともできます。

屋根のある「インナーテラスバルコニー」は、隣り合う住戸から独立したプライバシー性の高いスペース。物干しスペースとしてだけでなく、アウトドアリビングのようなスペースとしても使えます。

また、LDK内に設けた「キッズスペース」は、カウンターキッチン越しに子供の様子を見守ることができて、子育て世帯には安心。来客時には可動式の間仕切りで仕切ることができ、LDKをすっきりとした印象に保てます。

同社集合住宅の標準仕様である磁器タイル外壁と、オートロックを標準装備したエントランスで、一目で分かる高級感と防犯性を実現しています。

画像の説明
新型ウィズハイムFⅡ(エフツー)


このページのトップへ戻る ▲

2016/1/12  レオパレス21、2015年12月の入居率86.89%

(株)レオパレス21は1月8日、2015年12月の月次データの速報値を公表しました。

それによりますと、2015年12月の入居率は86.89%、受取家賃ベース入居率が90.90%、店舗数は直営店舗が189店、パートナーズ店舗が130店。建築請負受注高は57.36億円となっています。


このページのトップへ戻る ▲

2016/1/12  三井不動産リアルティ、「三井のリハウス」のロゴを変更

三井不動産リアルティ(株)は、住宅流通事業のブランド、「三井のリハウス」のロゴを変更しました。新しいブランドロゴは、1月9日から放映されたTVCMを皮切りに、全国275店舗のサインを順次リニューアルします。

同社が「三井のリハウス」ブランドを導入したのは1981年。家は一生に一度の買い物という考え方が一般的であった時代に「ライフステージやライフサイクルに合わせて、より相応しい住環境に住みかえる」という新しい概念を「リハウス」という言葉に込めて提唱。それから35年、今では「リハウス」は“住みかえ”の代名詞としてすっかり定着しました。

画像の説明
「三井のリハウス」新ブランドロゴ


このページのトップへ戻る ▲

2016/1/12  ハウスマート、月額制中古マンション売買サービス「カウル」を開始

中古マンション仲介サービス等を運営する(株)ハウスマート(東京都渋谷区)は、月額1万円で仲介手数料が無料で中古マンションを購入できる月額制中古マンション売買サービス「カウル」を1月14日から開始します。

全国展開を視野に、まずは東京(23区)・神奈川(横浜市・川崎市)などの関東圏からサービスを開始。また、サービス開始に伴い、BEENEXT PTE.LTD(Founder & Managing Partner)より2015年8月19日に、三者割当増資による資金調達を実施しました。

今回の資金調達によりさらなるサービスの開発、人材の採用、マーケティングの強化等を図って行く予定。

「カウル」の特徴は、マンション購入額に加えて一般的に数百万円近く支払う必要のあった仲介手数料が無料というもので、月額1万円支払うことにより、サイトでの物件探しをいつでも何度でもサポート。

物件探しや内見の予約・購入申し込みなども総てオンライン上で行え、さらに成功報酬型でないからこそ自分のペースで納得できる新居探しが可能で、売却についても手数料、月会費が総て無料で利用することが可能、としています。


このページのトップへ戻る ▲

2016/1/12  ニッショー.jp、『賃貸でもできるDIY』をテーマにした特設WEBサイトを公開

(株)ニッショー.jp(名古屋市北区)は、『賃貸でもできるDIY』をテーマにした特設WEBサイトを3月31日まで公開します。

主なコンテンツは、賃貸でも気にせず楽しめるDIYをご紹介!、賃貸DIY部オリジナルレシピ、イメージムービー(DIY女子「近藤千尋」DIYオリジナルレシピに挑戦)、賃貸DIYのススメ『工具』『技』『空間』の紹介など。


このページのトップへ戻る ▲

2016/1/15  三菱地所コミュニティと三菱地所丸紅住宅サービス4月1日をもって合併

三菱地所グループの不動産管理会社、三菱地所コミュニティ(株)(東京都千代田区)と三菱地所丸紅住宅サービス(株)(東京都千代田区)は1月12日、2016年4月1日(予定)をもって合併すると、発表しました。

合併の目的は、三菱地所グループと丸紅グループのマンション管理事業を強化するため、2014年7月に新設された三菱地所コミュニティホールディングスのもと、三菱地所コミュニティと三菱地所丸紅住宅サービスは、マンション管理事業の相互ノウハウの共有・有効活用を進め、管理サービスの質的向上、業務の効率化等を進めてきました。

このたび、両社はマンション管理事業における、より一層の質的、量的強化を図るとともに、顧客の多様なニーズに応える良質なサービスを提供し、これまで以上に顧客に選ばれるマンション管理会社として成長するため合併するもの、と説明しています。

今回の合併により約30万戸の管理受託戸数を有する会社となり、今後は、主な事業領域であるマンション管理事業に加え、拡大が予想される大規模修繕工事領域の強化や居住者向けサービスの充実を図り、三菱地所グループの住宅バリューチェーンを形成する各社との連携を深めながら、管理会社としてのストックビジネス領域の拡大・収益向上を目指す、としています。

合併は三菱地所コミュニティを存続会社とする吸収合併方式で、三菱地所丸紅住宅サービスは合併の効力発生日をもって消滅します。  


このページのトップへ戻る ▲

2016/1/15  ジャパンホームシールド、自然災害の特性をまとめた「土地情報レポート Pro」を登録事業者向けに提供開始

戸建て住宅の地盤調査・建物検査を手がけるジャパンホームシールド(株)(東京都墨田区)は1月12日、同社独自の地盤調査・解析の情報や土地ごとに発生する自然災害の特性をまとめた「土地情報レポート Pro」を1月より登録事業者向けに提供開始する、と発表しました。

「土地情報レポート Pro」は、同社がこれまで提供してきた「土地情報レポート Lite」に「土地の成り立ち」「地盤に関する情報」「避難所に関する情報」を追加した新サービス。

「土地情報レポート Pro」では自然災害時における土地の特性やリスクについて、地盤調査・解析110万棟の実績に基づく同社独自の地盤情報と専門機関のデータをまとめています。

契約前に土地の情報を開示することで耐震設計や防災対策の提案が可能になり、登録事業者が施主との信頼関係を築くツールとして利用することができます。

利用には、登録事業者向けに発行する「地盤モール用ID・パスワード」で、「土地情報レポート申込画面」にログイン。画面の案内に従って操作することでレポートを取得できます。料金は月額3,000円(税別)で、利用回数の上限はありません。


このページのトップへ戻る ▲

2016/1/15  東京カンテイ、三大都市圏・主要都市別/分譲マンション賃料月別推移を発表

(株)東京カンテイ(東京都品川区)は1月14日、三大都市圏・主要都市別/分譲マンション賃料月別推移の2015年年間版を次の通り発表しました。

首都圏の分譲マンション年間平均賃料は前年比プラス1.3%の2,618円/平方メートル。 首都圏では新築・築浅物件からの事例増や景況感の改善が影響して2013年を境に上昇に転じており、直近にかけても東京都が牽引する形で上昇傾向を維持している。

近畿圏はマイナス1.8%の1,794円/平方メートル と反落、中部圏はプラス0.6%の1,569円/平方メートル と上昇続く。近畿圏や中部圏でも新築や築浅物件からの事例増に伴って2013年には大幅に上昇していたが、今年はそれら影響も一巡しつつあり、近畿圏に至っては3年ぶりの下落となった。

東京都では前年比プラス2.3%の3,131円/平方メートル 、築浅物件の存在に加え地合い自体も強い。東京都では2013年以降、新築・築浅物件からの事例シェアが年々高まっていることに加え、築年別での賃料水準も堅調に推移しており、3年連続で2%超の上昇を記録した。

一方、周辺3県では軒並み弱含んでおり、東京都との賃料水準の差がさらに拡大している。


このページのトップへ戻る ▲

2016/1/15  野村不動産アーバンネット、1月1日の「住宅地価格動向」「中古マンション価格動向」

野村不動産アーバンネット(株)(東京都新宿区)は1月14日、2016年1月1日時点の「住宅地価格動向」と「中古マンション価格動向」の調査結果を次の通り発表しました。

▼ 調査結果のポイント

・2015年10~12月期の特徴 (四半期ベースの比較)
首都圏の「住宅地価格」「中古マンション価格」ともに、平均変動率は2013年7月調査以降、連続してプラスとなりました。

・同10~12月期の「住宅地価格」は、首都圏エリア平均では0.5%(前回0.3%)の変動率となりました。

四半期比較で「値上がり」を示した地点が19.1%(前回15.9%)、「横ばい」が77.0%(前回81.5%)、「値下がり」が3.9%(前回2.6%)となり、値上がり地点と値下がり地点が増加し、横ばい地点が減少しています。エリア別の平均変動率では全エリアでプラスを維持しました。

・同10~12月期の「中古マンション価格」は、首都圏エリア平均で0.5%(前回0.6%)の変動率となりました。

四半期比較で「値上がり」を示した地点が21.5%(前回26.1%)、「横ばい」が71.7%(前回70.0%)、「値下がり」が6.9%(前回3.9%)となり、横ばい地点と値下がり地点が増加し、値上がり地点が減少しています。エリア別の平均変動率では、全エリアでプラスを維持しました。

・2015年1月~12月の特徴 (年間ベースの比較)
首都圏の「住宅地価格」「中古マンション価格」ともに、平均変動率は、2014年1月調査以降、連続してプラスとなりました。

・年間ベースの住宅地価格変動率は、首都圏エリア平均で1.8%(前回2.3%)となりました。

年間比較では、「値上がり」を示した地点が52.0%(前回58.3%)、「横ばい」が41.4%(前回34.4%)、「値下がり」が6.6%(前回7.3%)となり、値上がり地点と値下がり地点が減少し、横ばい地が増加しました。エリア別の平均変動率では、全エリアでプラスを維持しました。

・年間ベースの中古マンション価格変動率は、首都圏エリア平均で3.1%(前回3.2%)となりました。年間比較では、「値上がり」を示した地点が53.6%(前回59.1%)、「横ばい」が38.2%(前回30.0%)、「値下がり」が8.2%(前回10.9%)となり、値上がり地点と値下がり地点が減少し、横ばい地点が増加しました。エリア別の平均変動率では、全エリアでプラスを維持しました。


このページのトップへ戻る ▲

2016/1/15  武蔵コーポレーション、2015年12月の平均入居率95.62%

収益用不動産の売買、仲介、賃貸管理の資産運用会社、武蔵コーポレーション(株)(さいたま市大宮区)は1月15日、2015年12月の平均入居率が95.62%となった、と発表しました。

今後は、中古の収益用不動産物件の再生化に一層の力を入れ、「自社再生物件」の売買事業を首都圏、政令指定都市に広げ、多くの方に安定を提供し、また地域活性化などの社会貢献にも取り組むことで日本全体の社会の活性化に寄与することを目指す、としています。


このページのトップへ戻る ▲

2016/1/19  大東建託、賃貸住宅を総称したブランド『DK SELECT』を立ち上げる

DK SELECTブランド.png

大東建託(株)は1月19日、同社の賃貸住宅を総称したブランド『DK SELECT』を立ち上げた、と発表しました。

『DK SELECT』は、ますます多様化する顧客のニーズに対して、賃貸住宅を「住まい(ハード)・暮らし(ソフト)」の両面で進化させ、これまで同社が個別に展開してきた商品・サービスの新たな価値を、生活ソリューションを総称する一つのブランド名のもとで提供していきます。

同社は、これまで一貫して賃貸経営を中心に事業を展開しており、賃貸業界の中でこれまでにない住まい・サービスを提供。

現在、人々のライフスタイルは多様化しており、住まいや暮らしに求める役割や価値観も変化してきています。このような環境変化を踏まえ、同社では従来から「住まい(建物)というハード面の進化」はもとより、「住まう人の暮らしをより安心で快適・豊かにするソフトサービスの充実」に注力。

管理戸数100万戸を目前に控え、新たなステージに向かう象徴として、大東建託の賃貸住宅ブランドを『DK SELECT』と名づけ展開していくこととなったもの。

新・賃貸住宅ブランド『DK SELECT』は、同社がこれからも住まいと暮らしの両面において顧客のニーズに応えるため、賃貸住宅の住みやすさをさらに追求し、これまでにない新しい価値を届けることで、楽しく豊かな生活を創造してもらいたい、としています。



このページのトップへ戻る ▲

2016/1/19  ガッコム、学校教育情報サイト「ガッコム」にCHINTAIのポータルサイトの空室情報掲載

(株)ガッコム(東京都港区)は1月15日、学校教育情報サイト「ガッコム[Gaccom]」に、(株)CHINTAIが運営する賃貸物件ポータルサイト「CHINTAIネット」の空室情報を掲載し、全国の各小中学校の通学区域内にある物件や近隣物件を検索できるサービスを同日より開始した、と発表しました。

「ガッコム」は、全国の保育園・幼稚園・小学校・中学校の情報を無料で提供する日本最大級のデータベースサイト。2011年5月より、通学区域、児童生徒数、学級数、教職員数、特別支援学級の設置、使用する教科書など、公的に利用可能な学校情報を独自の調査により収集し、うわさや口コミだけでは分からない、客観的事実とデータに基づくリアルな学校情報を提供しています。

今回、CHINTAIネットからの賃貸物件情報のデータ提供を受け、前述した独自アルゴリズムと合わせることで、全国の小中学校の通学区域内にある物件や近隣物件をサジェストする業界初の機能を実現。

これにより、これまではガッコムで通学区域を調べた上で、各不動産サイトで賃貸物件を調べ、引っ越し先を検討するケースが多かったが、今後はガッコムのサイト上で一元的に物件を探すこともできるようになる、としています。


このページのトップへ戻る ▲

2016/1/21  ネクスト、「こんな賃貸に住んでみたい!コンセプト賃貸のテーマランキング」を発表

不動産・住宅情報サイト『HOME'S』を運営する(株)ネクスト(東京都港区)は1月20日、「こんな賃貸に住んでみたい!コンセプト賃貸のテーマランキング」 の調査結果を発表しました。

「コンセプト賃貸に関する調査」のまとめ

賃貸物件を探す時、駅からの距離や築年数など、スペックを基準に物件を選ぶのが一般的です。しかし近年、「自分らしさ」を取り入れた暮らし方が注目されています。

今回、それを実現する方法の一つである趣味、嗜好などひとつのコンセプトでつくられた賃貸、いわゆる「コンセプト賃貸」について調査を実施。

事前調査で「コンセプト賃貸」について「興味がある」と回答した人に対して、「住んでみたいコンセプト賃貸の部屋」を聞いた質問(複数回答)では、1位が「カフェ風やバー風など内装にこだわった『オシャレ』をテーマにした部屋」となりました。

2位には「フランス風やカリフォルニア風など『海外の住まい』をテーマにした部屋」が挙がり、統一感のある雰囲気の部屋が人気であることが窺えます。3位以下では「オーディオ環境」、4位「料理」、5位「ペット」などが続いています。

一方、コンセプト賃貸の実際の需要はどうなのかを調査するため、もし好みのコンセプト賃貸があったら相場より高くても借りたいかどうかを聞いた質問では、「相場より高くても借りたい」と答えた人は合計で54.3%と半数を超える結果に。

男女別に見ると、男性が59.1%だったのに対して、女性は49.3%と約10%の差があり、好みの部屋であっても費用をかけることに対しては女性の方が慎重であることが分かりました。

▼ 住んでみたいコンセプト賃貸の部屋ランキング(複数回答)

1位:カフェ風やバー風など内装にこだわった「オシャレ」をテーマにした部屋(36.9%)
2位:フランス風やカリフォルニア風など「海外の住まい」をテーマにした部屋(29.3%)
3位:音楽や映画を観る環境に特化した「オーディオ環境」をテーマにした部屋(25.7%)
4位:キッチンなどを目立たせた「料理」をテーマにした部屋(23.1%)
5位:イヌやネコが住みやすいよう特化した「ペット」をテーマにした部屋(21.0%)
6位:ジム施設を完備するなど「自分磨き」をテーマにした部屋(18.8%)
7位:有名モデルやデザイナーが企画した「ファッション」をテーマにした部屋(13.8%)
8位:野球やサッカーなど自分が応援しているチームグッズなど囲まれた「スポーツ」をテーマにした部屋(11.9%)
9位:アイドルやアニメなどに囲まれた「サブカル」をテーマにした部屋(11.2%)
10位:バイクや車など収納したり飾ったりした「乗り物」をテーマにした部屋(10.5%)


このページのトップへ戻る ▲

2016/1/21  オウチーノ総研、「2015年、人気の高かった駅・沿線ランキング[賃貸/首都圏編]」

オウチーノ総研(東京都港区)は1月19日、住宅・不動産サイト「O-uccino」賃貸サイトの、2015年1月1日から2015年12月31日のアクセス数をもとに、「2015年、人気の高かった駅・沿線ランキング[賃貸/首都圏編]」を発表しました。

それによりますと、首都圏の人気駅第1位は東京メトロ丸ノ内線の始発駅「荻窪駅」、次いで人気駅ランキングの常連「目黒駅」「武蔵小杉駅」が続きました。

4位は東京都と埼玉県との境に位置する「赤羽駅」。5位は「北千住駅」。6位「西葛西駅」や10位「平井駅」がある江戸川区は、区独自の「乳児養育手当」があり、また公園面積は東京23区中第1位と自然も豊富で、子育てに適した街。都心へは15~30分程度と、通勤にも適しています。

沿線ランキングは、不動の人気を誇る「JR中央線」が1位。2位は「JR山手線」、3位は「JR総武線」と都心を走るJR線がトップを独占。4~10位は次の通りです。

4位「JR京浜東北製」、5位「小田急線」、6位「東急東横線」、7位「京王線」、8位「東急田園都市線」、9位「東武東上線」、10位「西部池袋線」。


このページのトップへ戻る ▲

2016/1/21  インベスターズクラウド、スマートロック製品の開発・製造・販売のQrioと技術提携

アパート経営プラットフォーム「TATERU(タテル)」の開発、運営を行う(株)インベスターズクラウド(東京都港区)は1月19日、スマートロック製品の開発・製造・販売、その運営サービスを提供する、Qrio(株)(東京都渋谷区)と技術提携した、と発表しました。

同社が開発する「TATERU kit」とQrio社が開発する「QrioSmart Lock(キュリオスマートロック)」を連携し、民泊サービスでの活用を目指す、としています

スマートドアホン「TATERU kit」は、室内に設置したタブレットがスマートフォンと連動し外出先からでも来訪者動画を見ながら受話応答、不在時の室内確認などを行うことができるスマートドアホン。

また、室内に設置したタブレットがセントラルコントロールとして、今後、様々なIoT機器(スマート家電など)との連携を図って行く予定です。

「Qrio Smart Lock」は通常専用のアプリケーションにて、鍵の開閉など機能の操作をしますが、今回の技術提携により、「TATERU kit」の専用アプリケーションより操作可能となります。

セントラルコントロールとなる「TATERU kit」と「QrioSmart Lock」を連携させ、入居者だけでなく、民泊サービスや不動産管理会社での活用を目指す、としています。


このページのトップへ戻る ▲

2016/1/21  スマートライフ、夕食を宅配する新しいタイプのシェアハウスを大田区馬込に2棟竣工

東京都内で女性専用の寄宿舎シェアハウス「かぼちゃの馬車」を運営する(株)スマートライフ(東京都中央区)は1月21日、居住者向けサービスとして夕食を宅配する、新しいタイプのシェアハウス「かぼちゃの馬車Food Support Share House(フードサポートシェアハウス)」を大田区馬込に2棟竣工、1月下旬から入居者募集を開始する、と発表しました。

日替わり夕食宅配サービスを展開するワタミ(株)(東京都大田区)と2016年1月提携し、週5回(月~金)、「ワタミの宅食」の日替わり夕食を17時までに同女性スタッフが宅配します。

入居条件は女性限定で、契約期間は1ヵ月から可能。初期費用は1万円(保証料1万円と1ヵ月の家賃のみで入居可能)。家賃(月額)は一律7万5,000円。


このページのトップへ戻る ▲

2016/1/22  東日本レインズ、2015年10~12月の「首都圏賃貸居住用物件の取引動向」公表

(公財)東日本不動産流通機構(東日本レインズ)は1月21日、2015年10~12月の「首都圏賃貸居住用物件の取引動向」を公表しました。

それによりますと、首都圏におけるマンションの取引件数は2万8,989件、アパートが1万4,831件となっています。各地域の内訳と賃料は次の通りです。

画像の説明


このページのトップへ戻る ▲

2016/1/22  ネクスト、高知県のポータルサイトアルクと業務提携

不動産・住宅情報サイト『HOME'S』を運営する(株)ネクストは1月20日、(株)アルク(高知県高知市)と、業務提携した、と発表しました。

この業務提携に基づき、アルクが運営する高知県の不動産ポータルサイト『CLASS KOCHI・くらすこうち』に掲載された情報を同社運営の不動産・住宅情報サイト『HOME'S』にも掲載。これにより、『HOME'S』を利用するユーザーは、これまで以上に多様な情報の中から、よりニーズに合った物件や不動産会社を選択できるようになり、『CLASS KOCHI』に情報掲載する不動産会社も、住まいを探すより多くのユーザーに自社の情報を届けることが可能になる、としています。

▼ 不動産・住宅情報サイト『HOME'S』(高知県の不動産・住宅を探す)


このページのトップへ戻る ▲

2016/1/22  桧家ホールディングス、不動産流通システムの第三者割当増資の引受、業務提携

(株)桧家ホールディングス(東京都千代田区) は1月22日、東京圏を中心に不動産売買の仲介事業を展開する(株)不動産流通システム(東京都千代田区・REDS)が実施した第三者割当増資の引受を決定、また同社と業務提携した、と発表しました。

REDSは、業界では一般的な売手と買手の両方から手数料を取る「両手仲介」を行わず、「片手仲介」に徹することにより仲介の透明性を高めています。さらに無店舗による営業展開、少数精鋭のエージェント(代理人)制、新聞折込や不動産情報サイトでの広告宣伝を行わず顧客からの物件情報に基づく営業活動に絞る等、徹底した低コスト経営によって仲介手数料を「無料」あるいは「半額」とするビジネスモデルを構築。

今回の第三者割当増資による提携により、REDSにとっては同社グループのリソースを活用した認知度向上と信用補完、桧家ホールディングスにとっては不動産仲介にかかるノウハウの獲得、両者が持つ不動産情報を活用した新たなビジネスの構築等のシナジー効果が期待され、グループ全体の不動産事業の強化が図れる、としています。


このページのトップへ戻る ▲

2016/1/22  三井不動産リアルティ、「三井のリハウス」全国275店舗の名称を変更

三井不動産リアルティ(株)は、1月21日から既存住宅流通事業「三井のリハウス」全国275店舗の名称を変更しました。

同社は、より柔軟にスマートに顧客の多様なニーズに応えるために常に進化し続ける姿勢を込めて、「三井のリハウス」のブランドロゴを刷新。合わせて、不動産の売買仲介のみならず、幅広い相談ニーズを受け付ける総合窓口として、ワンストップサービスを提供する拠点の名称を下記の通り変更しました。

▼ 名称変更内容

店舗名称を「エリア + 店」から「エリア + センター」に変更する。
(変更前) 三井のリハウス ○○店 ⇒ (変更後)三井のリハウス 〇〇センター


このページのトップへ戻る ▲

2016/1/26  アットホーム、2015年12月期・首都圏居住用賃貸物件の動向

不動産情報サービスのアットホーム(株)(東京都大田区)は1月21日、同社の全国不動産情報ネットワークにおける2015年12月期・首都圏の居住用賃貸物件の動向を発表しました。

それによりますと、2015年12月の首都圏の居住用賃貸物件成約数は1万7,533件で、前年同月比3.5%上昇し再びプラス。

東京23区がアパートの好調で同4ヵ月ぶりに増加したほか、埼玉県ではマンション・アパートともに同2ケタの伸びを見せ、9ヵ月連続増、千葉県でも同14.1%の大幅増となりました。

また最大の需要層であるシングルの動きは、力強さに欠けるものの引き続き堅調に推移しています。

マンションの1戸当たり平均賃料は、新築では23区を除く4エリアで下落したため同5ヵ月ぶりに下落、中古は成約の過半数を占める23区の下落により同3ヵ月連続の下落。

またアパートは、新築が3ヵ月連続全エリアで下落し同6ヵ月連続下落。一方、中古は全エリアで上昇して同再び上昇となりました。


このページのトップへ戻る ▲

2016/1/26  みずほ信託銀行、『東京23区の賃貸マンション戸数は分譲マンションの賃貸化等による増加も寄与』公表

みずほ信託銀行(株)は1月22日発行した「不動産マーケットレポート」(編集協力:都市未来総合研究所)の2016年2月号において、『2015年の住宅着工戸数は、都心6区では分譲マンション、周辺17区では賃貸アパートが増加』『不動産市場トレンド・ウォッチ』『東京23区の賃貸マンション戸数は分譲マンションの賃貸化等による増加も寄与』などを取り上げています。


このページのトップへ戻る ▲

2016/1/26  ネクスト、モデルルームの360度パノラマ画像を掲載開始

不動産・住宅情報サイト『HOME'S』を運営する(株)ネクストは1月26日、新築分譲マンションの物件情報ページにモデルルームの360度パノラマ画像を同日より掲載開始した、と発表しました。

新たな機能「パノラマ画像」は、モデルルームにある複数プランのリビングや寝室など各居室の360度パノラマ画像を掲載するもの。

実際にモデルルームを見学しているようにパノラマ画像を閲覧することで、これまで文字情報やイメージ画像だけでは伝わりにくかった、よりリアルな物件の魅力を知ることができます。パソコンだけでなくスマートフォンやタブレットにも対応し、好みのデバイスでいつでも気になる物件をじっくり比較・検討することが可能。

1月26日時点で、首都圏・関西エリアを中心として約70物件にパノラマ画像を掲載しており、今後、全国のモデルルーム見学が可能な物件を対象に、随時掲載物件を拡大する方針。


このページのトップへ戻る ▲

2016/1/26  東京急行電鉄、コミュニティ型賃貸住宅「スタイリオ梶が谷」2月1日に開業

東京急行電鉄(株)は1月26日、コミュニティ型賃貸住宅「スタイリオ梶が谷」(川崎市高津区末長1丁目)を2月1日に開業する、と発表しました。

同物件は、田園都市線「梶が谷」駅徒歩1分に立地。1K~2LDKの間取りを用意した7階建て、総戸数66戸の賃貸住宅。賃料は7万8,000円~20万2,000円。

立地と高低差のある地形を生かし、屋上には眺望や開放感を楽しめる約100平方メートルの「スカイテラス」設置、入居者だけでなく地域団体のイベントなどにも開放することで、多世代交流・地域交流につなげます。

また、併設する店舗棟「スタイリオ梶が谷MALL」には、東急ウェルネス(株)が運営するデイサービス「オハナ梶が谷」や、認可保育園「まなびの森 保育園梶が谷」、コンビニエンスストア、クリニック、調剤薬局など、入居者の利便性を高めるテナントを誘致しています。

画像の説明
「スタイリオ梶が谷」(イメージ)


このページのトップへ戻る ▲

2016/1/26  オウチーノ総研、「2015年 人気の高かった市区町村ランキング「新築マンション・新築一戸建て/首都圏編」を公表

オウチーノ総研(東京都港区)は1月25日、住宅・不動産サイト「O-uccino」新築サイトの2015年1月1日から2015年12月31日のアクセス数をもとに、「2015年、人気の高かった市区町村ランキング「新築マンション・新築一戸建て/首都圏編」を公表しました。

それによりますと、新築マンション編は1位「東京都中央区」、2位「東京都千代田区」、3位「東京都港区」と、2014年に引き続き都心3区が上位を占めています。都心では高級物件や大型案件の売り出しが多く高値が続いているが、人気は衰えていないようです。

一方新築1戸建て編では、「東京都世田谷区」が1位。2位は「東京都文京区」、3位は「東京都江東区」が続いています。


このページのトップへ戻る ▲

2016/1/27  国土交通省、2015年10月の全国のマンション指数は32ヵ月連続でプラス

国土交通省は1月27日、年間約30万件の住宅・マンション等の実際の取引価格情報をもとにして、全国・ブロック別・都市圏別に作成された不動産価格指数(住宅)の2015年10月分を次の通り発表しました。

全国の住宅総合は2010年平均を100として、10月は103.9(対前年同月比1.7%増)、住宅地は96.5(同1.1%増)、戸建住宅は97.2(同1.7%減)、マンションは122.1(同6.4%増)で、2013年3月分より32ヵ月連続のプラス。

・南関東圏の住宅総合は、105.4(同3.7%増)、住宅地は98.8(同3.5%増)、戸建住宅は95.2(同1.6%減)、マンションは121.3(同8.0%増)。

・名古屋圏の住宅総合は、99.0(同0.9%減)、住宅地は98.3(同4.6%増)、戸建住宅は93.6(同6.4%減)、マンションは120.6(同7.2%増)。

・京阪神圏の住宅総合は、103.3(同0.2%増)、住宅地は97.1(同1.0%減)、戸建住宅は97.0(同1.7%減)、マンションは119.0(同2.4%増)。

・東京都の住宅総合は、112.1(同7.3%増)、住宅地は103.8(同8.4%増)、戸建住宅は99.0(同0.4%増)、マンションは126.5(同10.4%増)。


このページのトップへ戻る ▲

2016/1/27  スマートライフ、美容専用室と美容家電の設置のシェアハウス「かぼちゃの馬車Beauty Share House」を竣工、2月から入居者募集

東京都内で女性専用の寄宿舎シェアハウス「かぼちゃの馬車」を運営する(株)スマートライフ(東京都中央区)は1月27日、居住者向けサービスとして、美容専用室と美容家電の設置に加え、化粧品のサンプルが無料で届くサービスを提供する、新しいタイプのシェアハウス「かぼちゃの馬車Beauty Share House(ビューティシェアハウス)」を2016年1月、東京・杉並区に1棟竣工、同2月上旬から入居者募集を開始する、と明らかにしました。

入居条件は女性限定で、居室数は11居室(1FにBeauty Room)。初期費用は1万円(保証料1万円と1ヵ月の家賃のみで入居可能)。家賃(月額)は1Fが7万3,000円、2Fが7万7,000円、管理費1万5,000円。

各室の設備は、薄型液晶TV・冷蔵庫・照明・収納・エアコン・机、椅子・ベッド・無線LAN・カーテン・モニター付きインターホン。

共用設備は、シャワー・全自動洗濯機・乾燥機・IHキッチン・電子レンジ・炊飯器・電気ケトル・掃除機・ドライヤー・独立洗面台・トイレ・シューズボックス・調理器具一式(フライパン・包丁・まな板など)。

提供サービスとして、防犯セキュリティ、24時間緊急対応駆けつけサービス、清掃サービス、自転車(※各室・共用設備・提供サービスに関しては物件により異なる場合があります)。


このページのトップへ戻る ▲

2016/1/27  レオパレス21、動画『レオパレスの部屋に勝手に侵入できるのか?』を公開

(株)レオパレス21は1月27日、YouTuberのはじめしゃちょーとコラボレーションし、動画『レオパレスの部屋に勝手に侵入できるのか?』を1月26日より公開した、と発表しました。 YouTube動画レオパレス21公式CH

はじめしゃちょーとレオパレス21のコラボによる動画は、最新のレオパレス21物件におけるセキュリティの高さを検証するもので、動画の中ではじめしゃちょーが配達員や強盗、ステルス迷彩衣装に着替え、物件に設置してある防犯カメラやモニター付きインターホンと格闘しながらその真相を確かめるといったコミカルな内容。


このページのトップへ戻る ▲

2016/1/27  ネクスト、『HOME'S』掲載の情報に中古住宅の性能・品質に関する項目を追加

不動産・住宅情報サイト『HOME'S』を運営する(株)ネクストは1月26日、『HOME'S』に掲載の物件情報に、中古住宅の性能・品質に関する情報項目を同日より追加した、と発表しました。

これは、不動産情報サイト事業者連絡協議会(RSC)に参画する企業が協働して取り組むもので、品質の良い中古住宅を一般消費者が見つけやすくすることで、中古住宅の流通活性化を促進することを目的としています。

『HOME'S』では1月26日より土地・投資用物件を除く物件情報(賃貸物件は「空き家バンク」のみ)に、RSCが推奨する項目を追加。空き家バンクは各都道府県が運営する「空き家バンク」に登録されている物件について、情報項目を表示。


このページのトップへ戻る ▲

2016/1/29  国土交通省、2015年の貸家の新設着工、4年連続の増加

国土交通省は1月29日、「2015年の新設住宅着工戸数」と「2015年12月の新設住宅着工戸数」を発表しました。

それによりますと、2015年の新設住宅着工は持家は減少したが、貸家、分譲住宅が増加したため、全体で増加となり、新設住宅着工戸数は90万9,299戸。

2015年の貸家の新設着工は、前年比4.6%増の37万8,718戸で、4年連続の増加。

一方、12月の新設住宅着工戸数は7万5,452戸。貸家は増加したが、持家、分譲住宅が減少したため、全体で前年同月比1.3%の減少。季節調整済年率換算値では前月比2.2%の減少となりました。

12月の貸家の新設着工は、前年同月比3.9%増、季節調整値の前月比1.4%増の3万3,735戸で、2か月連続の増加。民間資金による貸家が増加し、公的資金による貸家も増加したため、貸家全体で増加となったもの。

1~12月の貸家の新設着工の合計は、前述の通り、前年比4.6%増の37万8,718戸。2015年度の4~12月では前年比7.4%増の29万5,947戸。

同省では12月の住宅着工の動向について、利用関係別に見ると、実数値では前年同月比で貸家が増え、持家、分譲住宅が減となった。季節調整値についても、前月比で貸家が増、持家、分譲住宅が減となった。

住宅着工の動向については、全体として2014年4月の消費税率引上げに伴う駆け込み需要の反動の影響からの持ち直しが続いてきたものの、足下では横ばいの動きとなっている。引き続き、今後の動向をしっかりと注視していく必要がある、とみています。

画像の説明


このページのトップへ戻る ▲

2016/1/29  タス、「賃貸住宅市場レポート 首都圏・関西圏・中京圏・福岡県版 2016年1月」

不動産評価Webサイト「TAS-MAP」を運営する(株)タス(東京都中央区)は1月29日、「賃貸住宅市場レポート 首都圏・関西圏・中京圏・福岡県版 2016年1月」を次の通り発表しました。

これらの分析はアットホーム(株)のアットホーム全国不動産情報ネットワークに公開された情報、成約状況を用いています。

レポートには、「東京23区の賃貸マンション市場とオフィス市場の比較」「2015年11月期の1都3県賃貸住宅指標」「2015年11月期の関西圏・中京圏・福岡県賃貸住宅指標」が掲載されています。

レポートの概要

(1)東京23区の賃貸マンション市場とオフィス市場の比較

賃貸マンションの賃料の変動はオフィスと比較して小さく、東京23区全体ではプラスマイナス3%以内に収まっています。空室率TVIの変動率はプラスマイナス10%程度ですので、賃貸マンションの収益評価を行う場合は、賃料の変動よりもむしろ空室率の変動に注視する必要があることが分かります。

賃貸マンション(新築除く)の賃料指数を主軸に、オフィス賃料指数を第2軸にして両者の推移を比較すると、賃貸マンションの賃料指数とオフィス賃料指数はほとんど同じ動きをしています。ただし、2014年以降の賃貸マンションの賃料の上昇幅がオフィスに比較して大きくなっています。

オフィス空室率と賃料指数の相関係数は0.87減であり、オフィスの空室率と賃料指数には強い負の相関関係が存在しています。新築の影響を排除すると賃貸マンションの空室率TVIと賃料指数にも明確な負の相関関係(相関係数は0.80減)が観察できます。

(2)2015年11月期 1都3県賃貸住宅指標

首都圏のアパート系空室率TVIは埼玉県で横ばいで推移しているのを除いて全地域で大きく悪化傾向です。新築の供給量が増加したことが空室率TVIを引き上げています。

一方でマンション系空室率TVIは埼玉県、千葉県で悪化傾向ですが、その他の地域は改善傾向となっています。これらから、アパート系のテナントがマンション系に移動している可能性も考えられます。

(3) 2015年11月期 関西圏・中京圏・福岡県賃貸住宅指標

対前年比で、アパート系空室率TVIは大阪府、京都府、静岡県で悪化、兵庫県、愛知県、福岡県で改善。マンション系空室率TVIは大阪府、兵庫県、静岡県で悪化、京都府、愛知県、福岡県で改善しています。とくに愛知県の改善が顕著です。


このページのトップへ戻る ▲

2016/1/29  大東建託、土地活用相談窓口の実店舗『DK SELECT LOUNGE』を本格オープン

大東建託(株)は1月28日、新ブランド「DK SELECT」の立ち上げに伴い、2月より同社では初となる土地活用相談窓口の実店舗『DK SELECT LOUNGE』を東京都世田谷区三軒茶屋に本格オープンする、と発表しました。

土地活用や建て替えについて、何から始めればよいのか分からない…という人や相続税対策やリフォームといったすでに目的を持つ人などが、暮らしや住まいに関する悩みや疑問を、落ち着きのある空間でゆっくりと相談できる、としています。

『DK SELECT LOUNGE』(東京都世田谷区太子堂2-14-3 シャルムイシクラ 1F)は、電話番号:03-3418-5561で、営業時間:10:30~19:00 、定休日:火・水曜日。

相談できる専門家(世田谷区で活躍の方が中心) は、税理士・司法書士・不動産鑑定士・弁護士・相続対策専門士・ファイナンシャルプランナーなど。

(開催イベント例)賃貸併用住宅セミナー、家族信託セミナー、相続と不動産評価セミナー、整理収納セミナーなど。


このページのトップへ戻る ▲

2016/1/29  さかす不動産、埼玉の貸倉庫・貸工場特化の検索サイト「貸倉庫埼玉R」オープン

(株)さかす不動産(埼玉県川口市)は1月27日、埼玉県の貸倉庫・貸工場に特化した検索サイト、「貸倉庫埼玉R」 をオープンした、と発表しました。姉妹サイト:「貸倉庫東京R」

▼ 貸倉庫埼玉R 3つの特長

1:埼玉県の賃貸倉庫・賃貸工場に特化物件知識を圧倒的に高めました。
2:資料請求不要 PDFファイルで図面ダウンロードできます。
3:YOUTUBEで現地動画を公開してます。


このページのトップへ戻る ▲

2016/1/29  オウチーノ総研、「2015年、人気の高かった駅ランキング[中古マンション・中古一戸建て/首都圏編]」発表

オウチーノ総研(東京都港区)は1月28日、住宅・不動産サイト「O-uccino」中古サイトの2015年1月1日から12月31日のアクセス数をもとに、「2015年、人気の高かった駅ランキング[中古マンション・中古一戸建て/首都圏編]」を次の通り発表しました。

それによりますと、中古マンション編の1位は女性人気が高い「恵比寿駅」。次いで2位が大学誘致に成功し活気溢れる「北千住駅」、3位はサードウェーブコーヒーで話題の「清澄白河駅」。

4~10位は次の通り。「二子玉川駅」「吉祥寺駅」「大崎駅」「葛西駅」「自由が丘駅」「光が丘駅」「用賀駅」。

一方、中古1戸建て編の1位はランキング上位の常連「吉祥寺駅」、2位は楽天本社が移転し話題の「二子玉川駅」、3位は都内屈指の高級住宅街「田園調布駅」。

4~10位は次の通り。「成瀬駅」「八王子みなみ駅」「用賀駅」「祖師ヶ谷大蔵駅」「桜新町駅」「仙川駅」「三軒茶屋駅」。


このページのトップへ戻る ▲

2016/1/29  レオパレス21、2015年12月の入居率86.89%

(株)レオパレス21は1月27日、2015年12月の月次データの確定値を公表しました。

それによりますと、12月の入居率は86.89%、受取家賃ベース入居率が90.90%、店舗数は前月同様直営店舗が189店、パートナーズ店舗が130店。建築請負受注高は57.68億円となっています。


このページのトップへ戻る ▲

───────────────────────────────────────────────────────────────────

≪ ニュース一覧 ≫

画像の説明

powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional