賃貸経営、管理、土地活用、不動産投資など賃賃ビジネスに役立つ最新ニュース

ミサワホームインタビュー(1)

文字サイズ:

特別インタビュー


画像の説明

ミサワホーム株式会社
営業推進部 販売商品企画部
マネージャー

雨宮 文郎氏

土地活用、アパート・資産活用で独自の商品を展開、
業界の先端を走るミサワホームの商品企画部のマネージャー、雨宮文郎氏に
商品づくりのコンセプトや賃貸市場の現状と賃貸経営のあり方について、
語ってもらいました。

賃貸経営で一番のポイントは、修繕積立の実行

世の中にない賃貸住宅をご提供していくことが使命


画像の説明 物件の魅力が落ちないようにする 維持管理をしていくのが重要

── 高い空室率が恒常的に推移している賃貸市場に対して、ミサワホームさんとして市場をどのように捉え、また取り組まれていますか。

雨宮 賃貸を経営される方には、一括管理などで、管理を外部に委託するのではなく、直接、賃貸経営を行い、経営者感覚を持っていただくことを推奨してきました。

 一括借り上げは契約更新の条件がまとまらなかったり、不動産仲介会社さんが撤退したりすることもあるんですね。当社としましては、基本的にはオーナー様に直接、経営に携わる方がよい、状況を十分に理解して賃貸経営をやりましょう、とご説明してきました。

 そういうこともあって、他社さんに比べ私どもの取り扱う賃貸住宅の空室率は低いと思います。

 といっても、現実これだけ空室が発生してくると、私どもとしてもこうした経緯や状況をきっちりご説明していくことが大事だと思っています。

 その際、一番のポイントは、修繕積立の取り扱いです。修繕積立をきっちりやっていない大家さんが結構おられますので、そこは保険を組み合わせたり、強制的に引き落としをするなど、物件の魅力が落ちないようにする維持管理をしていくのが重要だということをご説明させていただいております。


画像の説明
太陽光発電などエコな設備を搭載


── 賃貸市場の主役であるポスト団塊ジュニア世代をターゲットにした、賃貸住宅でありながら入居者が自分らしさを表現できる“カスタマイズスペース”を提案した賃貸住宅「Belle Lead Fits(ベルリード フィッツ)」が人気と聞きますが、どのような内容ですか。

雨宮 入居者にとって部屋を借りている時に、原状回復義務等について問われることがありますが、入居者はやはり生活するからにはある程度自由に使いたいという気持ちがあるでしょう。

 ベルリード フィッツでは、部屋の一部をカスタマイズするスペースを設けました。そこでは写真を貼ったり、壁を飾ったりとか自己表現できるスペースをブラスアルファとしているところが特徴です。

 また、全体を細かく見直し、ムダなところをそぎ落として設計しているので、大家さんから見てもコストパフォーマンスに優れた賃貸住宅と評価をいただいております。

── カスタマイズ部分は入居者が変わるたびに変更するんですね。修繕費は入居者の負担とか賃料に反映されるのですか。

雨宮 いいえ。入居者が自由に使っていいスペースと考えていますので、修繕とか修復は最初から大家さんの方で見込んでいただいて経営計画を立てています。

画像の説明

| 1 | | |次へ>



▲「特別インタビュー」のトップへ戻る












2651

powered by HAIK 7.2.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional