賃貸経営、管理、土地活用、不動産投資など賃賃ビジネスに役立つ最新ニュース

賃貸マーケットに流通する物件は大半が1985年以降の建築

文字サイズ:


賃貸マーケットに流通する物件は大半が1985年以降の建築

市場の大半の物件は新耐震基準に合致

 2008年10月1日現在におけるわが国の総住宅数は5,759万戸で、総世帯数は4,997万世帯。居住世帯のある住宅の総数は4,960万戸。このうち「持ち家」が3,032万戸で、住宅全体に占める割合は61.1%。

 「借家」は1,777万戸で全体の35.8%となっています。借家のうち、「民営借家(賃貸住宅)」が1,337万戸で、住宅全体の26.9%、借家全体の75.2%と最も多くを占めています。

 なお、耐震基準の見直しが行われた1981年以降の約28年間に建築された住宅は3,016万戸で、住宅全体の60.8%と6割を超えています。

 ところで、国土交通省よりますと、2008年4月から翌年3月に、賃貸住宅に入居した人が選んだ住宅の建築時期は、1985年~1995年が全体の81.5%を占めています。市場の大半の物件は新耐震基準に合致していることになります。

※参考資料「平成20年住宅・土地統計調査」(総務省)  

  人気急上昇の「スマートフォン」
  「国勢調査」開始以来初めて5,000万世帯超る
 賃貸マーケットに流通する物件は大半が1985年以降の建築
 「めやす賃料表示」の契約者アンケート結果



画像の説明





a:1629 t:2 y:0

powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional