賃貸経営、管理、土地活用、不動産投資など賃賃ビジネスに役立つ最新ニュース

安定経営のキーポイント・・「情報」

文字サイズ:


安定経営のキーポイント・・「情報」


多様な情報を広く集めて、独自の賃貸ビジネスのスタイルを育てる



 賃貸経営している大家さんも所有する物件の数がおよそ30戸を境に、経営スタイルがガラリと違うという「説」があります。

 多くの物件を所有、経営する大家さんはどうしても扱う金額が大きくなるために、利益も多い半面、リスクも比例して大きくなることから、賃貸経営に取り組む姿勢、意識が違ってくる、と。その規模がおよそ30戸という捉え方です。

 しかし、法人経営にして、数百戸規模で賃貸経営をするオーナーも、100%借り入れで回している区分所有1戸のオーナーであっても、一つ間違うとリスクをかぶることから、経営に対する真剣味に変わりはありません。

 そういうこともあってか今日、賃貸経営者の特徴は勉強家が多く、入居者対策、収益アップに積極的に取り組んでいます。

                         §

 元来、アパート・マンションは定期的な手入れを怠らなければ躯体自体は10年や20年ビクともしません。

 賃貸経営の魅力の一つは、建物(賃貸住宅)がある限り現金(家賃)収入が見込めることから、形の上では完成後10年、20年は滞りなく家賃が入ってくるとはずですが、現実はそうは問屋が卸してくれずに、厳しい競争を強いられます。

 そこで入居稼働率を高め、安定経営を実現するために、日々情報を集め、工夫をこらして経営に取り組んでいます。この場合のキーポイントは「情報」ではないでしょうか。平たく言えば安定経営を図るために、賃貸関連の多様な情報を広く集めて、独自の賃貸ビジネスのスタイルを育てています。

 これからの賃貸経営は、賃貸・不動産業界と社会の風向きを察しながら、舵を切る手さばきがより重要になるようです。

  部屋を探す人の気持ちを慮る重要さ
 賃貸住宅経営と税金
 「サラリーマン大家さん」と「管理」のかかわり
 安定経営のキーポイント・・「情報」

画像の説明






a:2097 t:2 y:0

powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional