賃貸経営、管理、土地活用、不動産投資など賃賃ビジネスに役立つ最新ニュース

「満室経営」実現のキーワード

文字サイズ:


「満室経営」実現のキーワード

管理に万全を尽くし、入居率の向上を図る

 賃貸住宅経営の原点ともいえる「満室経営」について考えてみたいと思います。

 賃貸経営の魅力の一つに、建物(賃貸住宅)がある限り家賃収入が見込めることが挙げられます。元来、アパート・マンションは定期的に補修・メンテナンスを怠らなければ建物の躯体自体は10年や20年ビクともしません。理屈では竣工後10年、あるいは20年は滞りなく家賃が入ってくるはずですが、現実はシビアな状況下にあります。 

 賃貸経営における「満室経営」とは、どの部屋にも入居者が居住している状態で、賃貸経営の理想でなおかつ目標とするものです。満室が実現すると売上げが伸びて、収支のバランスがとれ、経営が一段と安定することはいうまでもないことです。そのために、満室経営実現に向け、あらゆる努力、工夫が必要とされるのです。

      日々の地道な取り組みが安定経営を築く

 ではどうすれば満室経営に一歩でも近づくことができるかといえば、それにはなんといっても入居率を高めることです。満室経営の極意は入居率にあります。経営を安定させ、売上げ増を図るには、入居率を高めることが鉄則といえます。

 賃貸経営は原則、効率よく「入居者募集」を行い、「賃貸借契約」を結んでその後、「入居管理」をして、「退去(原状回復)管理」を滞りなく、スピード感を持って行うことで、事業全体が円滑に進み、安定経営を築くことになります。

 そのために、各々の業務に高レベルのスキルを必要とします。とくに入居者募集には、インターネットやチラシ、パンフレットを使った広告で反響を取り、物件の問い合わせにそつなく応対して、契約に持っていく技量の如何が契約、つまり入居決定を左右します。

      トータルな経営手法が奏功して実現

 これからの賃貸経営を考えますと、賃貸住宅の管理に万全を尽くし、収益の安定と向上を図った上で、さらなる収益向上と、その価値を最大化するアセットマネジメント機能が求められます。今日、賃貸住宅経営も時代の波を受けて大きな曲がり角を迎えているのです。

 賃貸経営の基本は、入居者を確保(募集業務)し、クレーム対応の入居者管理に努め、退去があればすみやかに対応する・・この流れをとにかくスピーディー、確実に、そして誠実に行うことと考えています。

 毎月の不動産価格を指数化した「不動産価格指数(住宅)」の運用開始
 入居者の高い評価を得る,防犯に強い賃貸住宅
 将来を先取りした賃貸住宅の進化
 賃貸経営と「太陽光発電」システムの導入
 「満室経営」実現のキーワード
  賃貸住宅を決める条件の上位は常に家賃
 入居者が長く住みたくなる賃貸住宅



画像の説明





a:3661 t:2 y:1

powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional