賃貸経営、管理、土地活用、不動産投資など賃賃ビジネスに役立つ最新ニュース

入居者の高い評価を得る,防犯に強い賃貸住宅

文字サイズ:


入居者の高い評価を得る,防犯に強い賃貸住宅

侵入窃盗の18%、2万2,703件が共同住宅で発生

 年間148万件もの犯罪

 警察庁が日本の犯罪実態の最新情報をまとめた「2011年の犯罪情報」を見ていますと、つい首をすくめる思いがします。

 同書によりますと、警察が認知した刑法犯の件数は、2002年まで7年連続して戦後最多を記録した後、少しずつながら減少し、2011年には14年に比べ、半分近くに減少しているということです。半分近く減少したといっても、年間148万件もの犯罪が起きています。世の中が物騒なはずです。

 このうち、住居侵入は2万262件で、住宅の侵入強盗が303件、同侵入窃盗が7万1,298件。侵入窃盗の18%、2万2,703件が共同住宅で起きています。共同住宅の侵入窃盗の侵入口は窓が多く、次いで表出入り口で、この二つで9割を占めます。

 侵入する手段ですが、無締りが一番多く、次いでガラス破り、合鍵、ドア施錠破り、サムターン回し、ピッキングとなっています。合鍵を使っての侵入が目立っているのが、やはり共同住宅の特徴といえそうです。

 防犯設備の充実は必須の項目  

 こうした犯罪現場の発生状況を見ていますと、賃貸住宅の入居者が住居を選ぶ条件に、賃料、交通の便、生活環境の次いで「安全・防犯」を挙げるのがよく分かります。

 防犯に強い賃貸住宅は、入居者の安全を守ると同時に、物件の付加価値を高め、防犯に配慮した優れたセキュリティー機能を持つことで、入居者の高い評価を得ています。警察庁、国土交通省作成のガイドライン「防犯に配慮した共同住宅の設計指針」を尊重した住宅が多く建てられ、市場に出回っています。

 今日、TVモニター付きインターホンの取り付け、ピッキング対策錠の使用、防犯フィルム・防犯センサーの使用、共用スペースの防犯設備の充実などが必須となっています。

 毎月の不動産価格を指数化した「不動産価格指数(住宅)」の運用開始
 入居者の高い評価を得る,防犯に強い賃貸住宅
 将来を先取りした賃貸住宅の進化
 賃貸経営と「太陽光発電」システムの導入
 「満室経営」実現のキーワード
  賃貸住宅を決める条件の上位は常に家賃
 入居者が長く住みたくなる賃貸住宅



画像の説明





a:2698 t:3 y:1

powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional