賃貸経営、管理、土地活用、不動産投資など賃賃ビジネスに役立つ最新ニュース

入居者が長く住みたくなる賃貸住宅

文字サイズ:


入居者が長く住みたくなる賃貸住宅

物件にワンポイントの特徴を持たせる一方、できる範囲内で住環境を整えること

 賃貸経営の安定を図り、足腰を強くするために、「物件に力をつける」方法を考えてみます。物件に力をつけるとは、厳しい市場の競争に勝つ「競争力」を高め、入居者を「引きつける力」、すなわち住居としての「魅力」を引き立てることだと思います。

      「競争力」と「魅力」を高める

 物件に魅力を蓄え、強化する方法が、よくいわれます「差別化」で、何か工夫して少しでも他の物件にないところ、独自のものを育てることです。

 それではどうすれば物件に力がつき、賃貸住宅の「競争力」と「魅力」はどのようにすれば強化できるのか。

 何も人気の設備をフル装備することだけではありません。経営上、できる範囲内で住環境を整えることと思います。キモは入居者が長く住みたくなる賃貸住宅を提供することです。

 それでは、物件の力を強化するのに、どのような方法があるのかといえば、まず第一にやりたいことは、「敷地内、建物共用部分の清掃に手を抜かないこと。行き届いている」ことです。これは意外と安上がりで、賃貸経営の基本。その上で、「外構が整備されていて、植栽なども整えられている」こと。住環境を引き立てます。

 そして、「コンセプト(差別化=特徴)が備わっている」のであればベスト。コンセプトとか、差別化といえばオーバーに聞こえますが、木や草花を敷地に植えておくとか、物件にワンポイントの何かの特徴を持たせるのです。

 次に、日々の生活から生じる「入居者のクレーム対応に誠実かつスピーディーである」こと。また「保守・点検の体制が整っている」と入居者から喜ばれ、人気が高まります。

 このほかにも「入居者とのコミュニケーションが高い」ことがいいという見方と、あまりかまわない方がいいといった捉え方がありますが、やはり基本的にはコミュニケーション、意思の疎通がいいと風通しがよくなります。

      仲介・管理会社との信頼関係を構築

 そして最後になりますが、「仲介・管理会社と信頼関係にある」ことは、賃貸経営全般において大事な要素となります。経営が軌道に乗っている時でも、問題点が山積している時も、何かにつけ役に立つのが仲介・管理会社です。

 以上、やや平凡で月並みな内容ではありますが、こうしたポイントをきっちり押さえ、実行することで、物件は手堅くかつ確実に強くなり、競争力を発揮すると期待できます。

 毎月の不動産価格を指数化した「不動産価格指数(住宅)」の運用開始
 入居者の高い評価を得る,防犯に強い賃貸住宅
 将来を先取りした賃貸住宅の進化
 賃貸経営と「太陽光発電」システムの導入
 「満室経営」実現のキーワード
  賃貸住宅を決める条件の上位は常に家賃
 入居者が長く住みたくなる賃貸住宅



画像の説明





a:5150 t:2 y:1

powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional